Reuters logo
今週の【マザーズ市場】10月30日~11月2日『3日続伸も連休控え利益確定売り』
2017年11月5日 / 06:10 / 18日前

今週の【マザーズ市場】10月30日~11月2日『3日続伸も連休控え利益確定売り』


*15:07JST 今週の【マザーズ市場】10月30日~11月2日『3日続伸も連休控え利益確定売り』
【3日続伸、バイオ株やゲーム株に買い】30日(月)

■概況■1129.14、+15.43
30日(月)のマザーズ市場は、比較的値動きの軽い材料株やバイオ株、ゲーム株を中心に買い優勢の展開となった。マザーズ指数は前週末の上昇で9月高値(1113.18pt)を上抜けており、一段の戻りが意識されたようだ。ただ、前週上昇の目立った銘柄や直近IPO銘柄は利益確定売りに押された。なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で993.63億円。騰落数は、値上がり186銘柄、値下がり51銘柄、変わらず8銘柄となった。


◆注目銘柄◆
PKSHA3993、SOSEI4565、アンジェス4563、メタップス6172などが上昇。通期業績予想の上方修正や増配が好感されたイントラスト7191のほか、ユニネク3566、ネオジャパン3921、Aiming3911、串カツ田中3547は10%超の大幅高となった。国立がん研究センターとの共同研究契約が材料視されたブライトパス4594も急伸する場面があった。また、保有ゲームタイトルを巡る思惑からファルコム3723がストップ高水準まで買われた。

一方、DMP3652、GNI2160、UNITED2497などが下落。また、10月半ばから急動意を見せていたメドレック4586や直近IPO銘柄のSKIYAKI3995、テンポイノベ3484が東証1部下落率上位となった。


--------------------------------------

【4日続伸、日経平均下げ渋りでバイオ株などに買い】31日(火)

■概況■1134.03、+4.89
31日(火)のマザーズ市場は、日経平均の反落スタートに連れて朝方は利益確定売りが広がる場面があった。しかし、日経平均の下げ幅縮小に伴い、マザーズ市場でもバイオ株や業績期待の高い銘柄を中心に買いが入り、マザーズ指数はプラス圏に浮上した。なお、マザーズ指数は4日続伸、売買代金は概算で823.26億円。騰落数は、値上がり123銘柄、値下がり108銘柄、変わらず14銘柄となった。


◆注目銘柄◆
GNI2160、メタップス6172、MSコンサル6555、エディア3935などが上昇し、串カツ田中3547は小幅高となった。エディアは新作ゲームを発表して朝方大きく買われた。メドレック4586は信用規制を受けて売りが先行したものの、強い切り返しを見せ15%高となった。また、塩野義4507との資本業務提携を発表したUMN4585は後場に入りストップ高水準での買い気配が続いた。

一方、マザーズ売買代金トップのPKSHA3993やSKIYAKI3995、DMP3652などが下落。SOSEI4565やミクシィ2121も小幅に下げた。また、ソシャルワイヤ3929が利益確定売りに押され、マザーズ下落率トップとなった。


--------------------------------------

【5日続伸、相場全体の好地合いを追い風に】11月1日(水)

■概況■1141.02、+6.99
11月1日(水)のマザーズ市場は、米株高や欧州の堅調な経済指標を受け、日経平均の上げ幅が400円を超えるなど相場全体の好地合いを追い風として、マザーズ指数も堅調な動きを見せた。主力大型株と比較して出遅れ感が意識されている中小型株を物色する動きは根強かった。一方で、米国の雇用統計など重要な海外イベントを前に積極的な上値追いの動きは限られており、ポジションを調整する動きも一部でみられた。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で867.29億円。騰落数は、値上がり97銘柄、値下がり135銘柄、変わらず13銘柄となった。


◆注目銘柄◆
売買代金上位では、三菱UFJ信託とコミットメントライン契約を締結したサンバイオ4592のほか、ユナイテッド2497、串カツ田中3547、MSコンサル6555、SOSEI4565、DMP3652、ミクシィ2121が上昇。ユナイテッドは2018年3月期上期決算を発表。営業利益が前年同期比約17.3倍の9.50億円と大幅増益での着地となった。

一方で、直近IPO銘柄のPKSHA3993やSKIYAKI3995のほか、GNI2160、メドレックス4586、メタップス6172は売られた。


--------------------------------------

【6日ぶり反落、連休控え利益確定売り】2日(木)

■概況■1132.00、-9.02
2日(木)のマザーズ市場は、日経平均の続伸スタートに連れて朝方は買いが先行した。しかし、明日から3連休が控えているとあって、このところ上昇の目立った銘柄を中心に利益確定売りが広がった。なお、マザーズ指数は6日ぶり反落、売買代金は概算で818.96億円。騰落数は、値上がり55銘柄、値下がり178銘柄、変わらず12銘柄となった。マザーズ指数は5日線水準まで調整する場面があった。


◆注目銘柄◆
マザーズ売買代金トップの串カツ田中3547が高値更新後にマイナスへ転じたほか、GNI2160、MSコンサル6555、PKSHA3993、DMP3652などが下落。ミクシィ2121は小幅に下げた。また、直近IPO銘柄のテンポイノベ3484、足元で株価急伸していたメドレック4586やファルコム3723がマザーズ下落率上位に顔を出した。

一方、SOSEI4565、UNITED2497、SKIYAKI3995などが上昇。MS−Japan6539は好決算と1部昇格への期待で物色を集め、大幅高となった。また、UMN4585が連日のストップ高となり、10月のEC事業受注高が過去最高となる見込みのロコンド3558もストップ高水準まで買われた。


--------------------------------------



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below