Reuters logo
後場に注目すべき3つのポイント~ソフトバンクGの動向に注目
2017年11月6日 / 03:36 / 12日後

後場に注目すべき3つのポイント~ソフトバンクGの動向に注目


*12:32JST 後場に注目すべき3つのポイント~ソフトバンクGの動向に注目
6日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は小幅上昇、ソフトバンクGの動向次第といったところ
・ドル・円は114円36銭、上げ渋り、日本株や米金利にらみ
・値上がり寄与トップはファーストリテ9983、同2位はファナック6954

■日経平均は小幅上昇、ソフトバンクGの動向次第といったところ

日経平均は小幅に上昇。2.43円高の22541.55円(出来高概算9億7000万株)で前場の取引を終えた。3日の米国市場は雇用統計が予想を下回ったが、ISM非製造業景況指数や製造業受注指数が予想を上振れたことでNYダウ、ナスダックともに上昇。シカゴ日経225先物清算値は22600円に乗せるなか、これにサヤ寄せする格好から、日経平均は年初来高値を更新して始まった。

こう着感が強まっているが、前場半ばには一時22644.68円まで上げ幅を広げたが、前引けにかけてはじりじりと上げ幅を縮めており、一時下げに転じる場面もみられた。セクターでは鉱業、海運、サービス、輸送用機器、倉庫運輸が上昇。一方で、非鉄金属、鉄鋼、銀行、その他金融、パルプ紙が冴えない。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、過半数を占めている。

日経平均は高値圏でのこう着となっており、ファーストリテ9983、ファナック6954、アサヒ2502、信越化4063が堅調。一方で、ソフトバンクG9984が大幅に下落しており、日経平均の重しになっている。その他は売り買いが交錯しているため、指数インパクトの大きい、値がさ株、特にソフトバンクGの動向次第といったところであろう。ソフトバンクGはスプリントの統合問題が売りにつながっているが、決算を控え、いったんは利益確定といった流れになっているようである。ただし、25日線に接近しており、これが支持線として意識されるようだと、日経平均の底堅さにもつながろう。

一方でTOPIXはマイナスで推移している。日銀のETF買い入れへの思惑につながる可能性があり、これが結果的に日経平均を下支えすることになりそうだ。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は114円36銭、上げ渋り、日本株や米金利にらみ

6日午前の東京市場でドル・円は上げ渋り。日本株や米金利の失速を受けドル買い・円売りは弱まった。

ドル・円はストップロスを巻き込んで上昇し、7月11日高値114円49銭を上抜け一時114円74銭まで強含んだ。その後ドルは失速し114円30銭台に値を下げる展開に。

日経平均株価が前週末終値付近でやや不安定な値動きとなり、円売りが後退。また、米10月雇用統計は2.354%まで上昇後は上げ渋り、ドル買いは入りにくい地合いとなった。

ランチタイムの日経平均先物はプラス圏で上昇しており、目先の日本株高を見込んだ円売りは継続するだろう。ただし、米金利が弱含めばドルの上昇は想定しにくい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円02銭から114円74銭、ユーロ・円は132円39銭から133円12銭、ユーロ・ドルは1.1956ドルから1.1618ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・UMN4585やトーセ4728がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファーストリテ9983、同2位はファナック6954

■経済指標・要人発言

・ムニューシン米財務長官
「目標は年内に大統領に税制法案を送付すること」

・黒田日銀総裁
「ETF購入、現時点で見直しが必要とは考えていない」
「物価目標をできるだけ早期に実現するため、強力な金融緩和を粘り強く推進したい」
「物価2%目標はグローバル・スタンダード、主要国間の為替安定につながる」


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・13:45 黒田日銀総裁会見

<海外>
・16:00 独・9月製造業受注(前月比予想:-1.4%、8月:+3.6%)



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below