Reuters logo
短期筋の利益確定が冷静さを取り戻す【クロージング】
2017年11月9日 / 06:51 / 9日後

短期筋の利益確定が冷静さを取り戻す【クロージング】


*15:48JST 短期筋の利益確定が冷静さを取り戻す【クロージング】
9日の日経平均は小幅に続落。45.11円安の22868.71円(出来高概算27億4000万株)で取引を終えた。米株高の流れを受けて反発して始まると、寄付き後早い段階で1992年1月以来の23000円を回復。その後も上げ幅を広げる展開が続いており、前引け間際には一時23382.15円まで上げ幅を拡大させた。しかし、後場に入ると高値もち合いのなか、急速に失速する格好となり、22522.83円まで急落する場面をみせている。ただ、押し目買い意欲の強さから、大引けにかけては下げ幅を縮めている。日経平均の続落は9月26-27日以来。出来高は今年最大となった。

日経平均の前場はインデックス買いが集中する格好から450円を超える上昇となったが、午後は400円近く下げる場面をみせており、日中値幅は850円を超えている。出来高も今年最大となったこともあり、心理的にはピーク感が意識されてくる可能性がありそうだ。

もっとも一気に23000円を回復し、その後も大きく上げ幅を広げるなか、ショートカバーも強まったと考えられる。一方で、この大幅上昇に対して短期のヘッジファンド等は利益確定を進めた格好であろう。明日のオプションSQを前に大きく振れたことにより、ヘッジに伴う影響を受けた面もありそうだ。しかし、これで需給状況が一気に悪化するとは考えづらく、センチメントへの影響は限られるであろう。5日線レベルでの押し目待ち等から、下値の堅さは意識されてこよう。短期的な調整が意識されてくる可能性はあるが、値幅調整というよりは、日柄調整とみておきたい。冷静な見方から出遅れ銘柄を探る動きも意識されそうだ。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below