Reuters logo
米国株見通し:利益確定の流れ広がる可能性も
2017年11月10日 / 12:33 / 14日後

米国株見通し:利益確定の流れ広がる可能性も


*21:26JST 米国株見通し:利益確定の流れ広がる可能性も
S&P500先物 2574.50(-9.50) (21:10現在)
ナスダック100先物 6294.50(-20.00) (21:10現在)

21:10時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小安く推移している。また、NYダウは50ドル安程度で推移。欧州市場は小幅ではあるが全般売りが先行している。原油先物相場は横ばいで推移。これらの流れを受けて、米株式市場は利食い優勢の展開から始まろう。

9日の米株式市場は下落。税制改革法案の早期成立が困難になるとの見方から、終日軟調推移。半導体・半導体製造装置などには、これまでの株価上昇を受けた利益確定の動きが強まった。

引き続き法人税減税の先送りが警戒されるほか、世界的な株価上昇に対して、いったん利益を確定させる流れが広がりをみせてくる可能性がありそうだ。直近では世界3位の再保険会社、ドイツのハノーバー再保険が株式ポートフォリオを全て売却したことを明らかにするなか、こういった流れが広がりをみせてくる可能性も意識されよう。また、ウォルト・ディズニーは8-10月期決算を発表し、売上高、一株利益ともに予想を下振れた。時間外取引で下落して推移している影響も受けそうである。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below