Reuters logo
米国株見通し:税制改革案の調整難航懸念で利食い売り強まる可能性も
2017年11月13日 / 09:13 / 10日後

米国株見通し:税制改革案の調整難航懸念で利食い売り強まる可能性も


*18:07JST 米国株見通し:税制改革案の調整難航懸念で利食い売り強まる可能性も
S&P500先物 2581.00(+1.50) (17:55現在)
ナスダック100先物 6315.25(+0.10) (17:55現在)

17:55時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小じっかりに推移している。また、NYダウは10ドル高程度で推移。欧州市場は小幅ではあるが高安まちまち。原油先物相場は横ばいで推移。これらの流れを受けて、米株式市場は買い優勢の展開から始まろう。

10日の米株式市場は、まちまちだった。税制改革案を巡る上下院の違いから年内の同法案成立に懐疑的な見方が広がっており、投資家心理の悪化が相場の上値を抑えた。

トランプ政権が経済政策の柱に掲げる税制改革について、議会上院の共和党は、法人税の税率を20%に引き下げる時期を財政赤字の拡大を抑えるため1年先送りして2019年とする下院とは異なる法案をまとめた。今後調整が難航することが予想されるなか、これまで世界株高をけん引してきた米国市場においても利益確定の流れが強まる可能性があり、注視する必要があるだろう。一方で景況感に明るさがみられるほか、ハイテク中心とした好業績評価のなか、需給状況は良好である。また、今週は小売各社の8-10月期決算が多数予定されている。年末商戦への期待が高まりやすく、小売決算を受けた個人消費の強さが相場の押し上げ要因にもなろう。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below