Reuters logo
今日の為替市場ポイント:米税制改革の先行き懸念でドルは上げ渋る可能性も
2017年11月13日 / 23:39 / 10日後

今日の為替市場ポイント:米税制改革の先行き懸念でドルは上げ渋る可能性も


*08:31JST 今日の為替市場ポイント:米税制改革の先行き懸念でドルは上げ渋る可能性も
13日のドル・円相場は、東京市場では113円71銭から113円35銭まで下落。欧米市場では113円25銭まで売られた後に113円67銭まで反発し、113円63銭で取引を終えた。

本日14日のドル・円は、113円台半ばで小動きに推移すると予想される。日米金利差拡大を意識したドル買い・円売り基調は継続する一方、米税制改革の先行き懸念を背景にドルの売り圧力も強く、レンジ内で一進一退の動きとなりそうだ。

黒田東彦日銀総裁が13日に行ったスイスの大学講演で、日銀がインフレの前向きな進展に向けて強力な金融緩和を継続するとの立場を示したことから、日米金利差拡大を意識したドル買い・円売り基調が継続。また、米長期金利の小幅な上昇もドル買いの下支え要因となっている。ただ、米税制改革法案の実現性に懐疑的な見方が強まっていることから、ドル買いを積極的に進めることは難しい状況となっている。

本日の東京市場では、主要経済指標の発表もなく新規材料難に欠けることから、113円台半ばのレンジ内取引になると予想される。市場は、ドイツ・フランクフルトで開催されている欧州中央銀行(ECB)会合の討論会に注視している。討論会にはドラギECB総裁、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長、カーニー英国中央銀行総裁、黒田日銀総裁が参加する予定で、今後の金融政策を見極めたいとの思惑から各中銀総裁の発言に注目が集まっている。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below