Reuters logo
CMEのビットコイン先物、早ければ12月より取引可能に【フィスコ・ビットコインニュース】
2017年11月14日 / 09:30 / 10日後

CMEのビットコイン先物、早ければ12月より取引可能に【フィスコ・ビットコインニュース】


*18:26JST CMEのビットコイン先物、早ければ12月より取引可能に【フィスコ・ビットコインニュース】
アメリカのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)グループのCEOであるテレンス・A・ダフィー氏が、同グループが取り扱い予定であるビットコイン先物は早ければ12月にも取引開始となると発言した。

同氏の発言によれば、早ければ12月の二週目には取引が可能になるという。CMEグループは最低取引単位(1枚)を5ビットコイン、値幅制限を最大20%と設定していることが判明している。

アメリカでは、CMEの他にシカゴ・オプション取引所(CBOE)も年内のビットコイン先物上場へ向けて準備を進めていることが明らかとなっている。また、レッジャーXという仮想通貨取引所は、仮想通貨の先物やスワップ、オプション取引サービスを米商品先物取引委員会(CFTC)の認可を得て提供している。

こうした投資環境の充実が、今後の市場をどのように動意づけるかが注目される。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below