Reuters logo
今週の【日経平均】11月13日~11月17日『22000円割れ寸前まで値を下げる場面も』
November 19, 2017 / 1:04 AM / a month ago

今週の【日経平均】11月13日~11月17日『22000円割れ寸前まで値を下げる場面も』


*09:47JST 今週の【日経平均】11月13日~11月17日『22000円割れ寸前まで値を下げる場面も』
【大幅に4日続落、戻りの鈍さで引けにかけて売りかさむ】13日(月)

■概況■22380.99、-300.43
13日(月)の日経平均は大幅に4日続落。前週9日に一時23000円台を回復したのち乱高下を見せ、目先のピーク感が意識されるなか、米国株の上げ一服もあって本日は73円安からスタートした。寄り付き直後を高値に下げ幅を広げたが、下値では押し目買いも入りこう着感の強い展開が続いた。決算を手掛かりとした物色は活発で、値を飛ばす好業績株も多く見られた。ただ、日経平均は引けにかけて弱含み、この日の安値で取引を終えた。市場では「戻りの鈍さから短期筋の利益確定売りがかさんだ」との見方が聞かれた。

大引けの日経平均は前週末比300.43円安の22380.99円となった。東証1部の売買高は15億6573万株、売買代金は2兆7962億円だった。業種別では、倉庫・運輸関連業、海運業、不動産業が下落率上位だった。一方、上昇したのは石油・石炭製品、その他製品の2業種のみだった。


◆注目銘柄◆
ファーストリテ9983が3%安となり、日経平均を約46円押し下げた。野村8604、KDDI9433は2%超の下落。その他売買代金上位ではソフトバンクG9984、SUMCO3436、ソニー6758、三菱UFJ8306、東エレク8035などがさえない。上期が減益となった飯田GHD3291は急落。また、加藤製6390、川田TECH3443、太平電1968などが東証1部下落率上位となった。

一方、上期決算が市場予想を上回ったNTT9432や、任天堂7974、トヨタ自7203などはしっかり。一部証券会社が投資評価を引き上げた資生堂4911は2%超高。好業績を受けてラウンドワン4680、Vテク7717、ダイフク6383などが急伸し、三井金5706はストップ高水準まで買われた。また、石原産4028、ASB機械6284、物語コーポ3097などが東証1部上昇率上位となった。


--------------------------------------


【小幅に5日続落、本日も引けにかけて先物売り】14日(火)

■概況■22380.01、-0.98
14日(火)の日経平均は小幅に5日続落。本日も目先調整の流れが意識され、利益確定売りが先行して38円安からスタートした。ただ、前日までの4営業日で計550円超下落していたことから、寄り付き後は自律反発狙いの買いが入り、プラスへと切り返した。ハイテク株の上昇も寄与し、前場には一時22532.30円(前日比151.31円高)まで上昇する場面があった。後場に入ると前日のような急落に対する警戒感から上値の重い展開となったが、本日もやはり引けにかけて先物が売られ、終値では小幅ながらマイナスとなった。

大引けの日経平均は前日比0.98円安の22380.01円となった。東証1部の売買高は17億3579万株、売買代金は2兆9865億円だった。業種別では、石油・石炭製品、倉庫・運輸関連業、水産・農林業が下落率上位だった。一方、金属製品、ゴム製品、その他製品が上昇率上位だった。


◆注目銘柄◆
前日に決算発表したみずほ8411のほか、ソフトバンクG9984、ファーストリテ9983、三井住友8316などが軟調。三菱UFJ8306は小幅に下げた。来年度の株式売出し観測が報じられた日本郵政6178は2%安。楽天4755は国内EC事業の伸び悩みで6%近い下落となった。北越紀州3865や沢井薬4555も下げ目立つ。また、大倉工4221、RSTECH3445、ユニデンHD6815などが東証1部下落率上位となった。

一方、任天堂7974、ソニー6758、東エレク8035などは上昇。東エレクなど半導体関連株の堅調ぶりが目立った。SUMCO3436はMSCI採用を受けて7%近い上昇。好決算の荏原6361や自社株買いのホトニクス6965も急伸した。また、木村化6378やJBR2453はストップ高水準で本日の取引を終えた。東証2部では東芝6502が一部報道を受けて買われた。

--------------------------------------

【昨年4月25日から5月6日以来の6営業日続落】15日(水)

■概況■22028.32、-351.69
15日(水)の日経平均は6営業日続落。14日の米国市場は、税制改革への先行き懸念や原油安が上値を抑え、終日軟調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比125円安の22305円となり、朝方はこれにサヤ寄せする格好からの売りが先行。前場半ばには22300円を回復する場面もみられたが、5日線に上値を抑えられる形状が続くなか、後場一段安で22004.79円と22000円割れ寸前まで下げ幅を拡大させている。6営業日続落は今年初となり、昨年4月25日から5月6日以来となる。

大引けの日経平均は前日比351.69円安の22028.32円となった。東証1部の売買高は21億5918万株、売買代金は3兆7703万円だった。業種別では、33業種全てが下げており、石油石炭、鉄鋼、鉱業、その他製品、非鉄金属、その他金融、卸売、倉庫運輸、海運、不動産の弱さが目立つ。


◆注目銘柄◆
先物主導のインデックス売りが指数を押し下げる格好となり、ソフトバンクG9984、ファナック6954、日東電6988など指数インパクトの大きい値がさの弱さが目立っており、強い動きをみせていた東エレク8035も結局は下落して取引を終えている。上昇が目立ったところでは、オープンハウス3288、キャリアDC2410、DLE3686、ソースネクスト4344、ユニプレス5949など中小型株が中心。


--------------------------------------

【7日ぶり大幅反発、目先の調整一巡感で先物買い】16日(木)

■概況■22351.12、+322.80
16日(木)の日経平均は7日ぶり大幅反発。15日の欧米株式市場は全面安となり、為替市場でもリスク回避の動きから円相場が一時1ドル=112円台まで上昇し、本日の日経平均はこうした流れを受けて53円安からスタートした。ただ、日経平均は前日までの6営業日で計900円余り下落しており、25日線水準で目先の調整一巡との見方もあって、寄り付き後は先物に断続的な買いが入り強含みの展開となった。後場には一時22392.13円(前日比363.81円高)まで上昇する場面があった。市場では「短期筋の買い戻し」との声が聞かれた。

大引けの日経平均は前日比322.80円高の22351.12円となった。東証1部の売買高は17億7416万株、売買代金は3兆0829億円だった。業種別では、その他製品、ガラス・土石製品、情報・通信業が上昇率上位だった。一方、下落したのは鉱業、金属製品、石油・石炭製品の3業種のみだった。


◆注目銘柄◆
任天堂7974が4%近い上昇となった。一部証券会社による目標株価引き上げが観測された。ソフトバンクG9984やファーストリテ9983など指数寄与度の大きい値がさ株も堅調ぶりが目立った。資生堂4911やTBSHD9401はレーティング引き上げ観測で買われた。その他ではソニー6758、三菱UFJ8306、東エレク8035、ファナック6954、みずほ8411などがしっかり。トヨタ自7203は小幅高にとどまった。また、アカツキ3932は主力ゲームを巡る懸念後退でストップ高まで買われた。

一方、SUMCO3436、日本郵政6178、コマツ6301、神戸鋼5406などが軟調。コマツは米同業の株価下落が波及し、神戸鋼はレーティング引き下げが観測された。三井住友8316は小安い。原油安を受けて千代化建6366などの下げが目立った。また、LIFULL2120、オープンドア3926、愛眼9854などが東証1部下落率上位となった。


--------------------------------------

【続伸、一時400円超高も円強含みで失速】17日(金)

■概況■22396.80、+45.68
17日(金)の日経平均は続伸。16日の米国市場でNYダウは187ドル高となった。主要企業の決算や長期金利の上昇が好感されたほか、米議会下院で税制改革法案が可決されたことで投資家心理が改善した。本日の日経平均はこうした流れで252円高からスタートすると、ハイテク株を中心に買いが入り、前場に一時22757.40円(前日比406.28円高)まで上昇した。しかし、米国債利回りが時間外取引で低下し、円相場が上昇するとともに日経平均は前引けにかけて急失速した。後場に入るとマイナスに転じる場面も度々見られた。

大引けの日経平均は前日比45.68円高の22396.80円となった。東証1部の売買高は19億8021万株、売買代金は3兆5245億円だった。業種別では、ゴム製品、金属製品、保険業が上昇率上位だった。一方、パルプ・紙、電気・ガス業、海運業が下落率上位だった。

◆注目銘柄◆
ソニー6758、三菱UFJ8306、ファーストリテ9983、東エレク8035などがしっかり。任天堂7974は小幅なプラスとなった。SUMCO3436が5%近く上昇したほか、ローム6963も3%超上昇するなど米国市場の流れを受けて半導体関連株の上げが目立つ。10月の工作機械受注が好調だったことから安川電6506なども買われた。業績予想の上方修正と増配を発表したドーム9681は6%高。東京海上8766は決算を受けて後場上げ幅を広げた。また、T&Gニーズ4331、双信電機6938、ソースネクスト4344などが東証1部上昇率上位となった。

一方、ソフトバンクG9984、トヨタ自7203、みずほ8411、キヤノン7751、NTT9432などがさえない。一部証券会社のレーティング引き下げが観測されたツムラ4540は下げが目立つ。また、ラサ商事3023やマイクロニクス6871が東証1部下落率上位となった。


--------------------------------------



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below