Reuters logo
NY株式:ダウ72ドル高、税制改革を巡る先行き懸念が上値を抑える
2017年11月20日 / 22:36 / 23日前

NY株式:ダウ72ドル高、税制改革を巡る先行き懸念が上値を抑える


*07:29JST NY株式:ダウ72ドル高、税制改革を巡る先行き懸念が上値を抑える
20日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は72.09ドル高の23430.33、ナスダックは7.92ポイント高の6790.71で取引を終了した。ドイツの政局混乱に対する懸念が一服し買いが先行。10月景気先行指数が予想を上振れたほか、先週の株価下落を受けた買い戻しが入り、堅調推移。一方で、税制改革を巡る不透明感から投資家のリスク回避姿勢も根強く、上値は限られた。セクター別では、自動車・自動車部品や電気通信サービスが上昇する一方でメディアや医薬品・バイオテクノロジーが下落した。

半導体のマーベル・テクノロジー・グループ(MRVL)は、同業カビウム(CAVM)と60億ドルで買収合意し、上昇。自動車部品メーカーのデルファイ・オートモーティブ(DLPH)はバンク・オブ・アメリカによる投資判断引き上げを受け、堅調推移。中国電子商取引のアリババ・グループ(BABA)は中国スーパー大手のサン・アート株を29億ドル相当取得し、買われた。一方で、ヘルスケアサービスのカーディナル・ヘルス(CAH)はモルガン・スタンレーによる投資判断引き下げを受け、下落した。

中国のアルミニウム製錬業者が冬季の減産を実施しないとの報道を受けてアルミ価格が下落しており、アルコア(AA)やコンステリウム(CSTM)など非鉄金属銘柄に売りが広がった。

Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below