Reuters logo
欧米為替見通し:ドル・円は上値の重い展開か、北朝鮮の“テロ支援”反発に警戒
2017年11月21日 / 08:31 / 20日前

欧米為替見通し:ドル・円は上値の重い展開か、北朝鮮の“テロ支援”反発に警戒


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は上値の重い展開か、北朝鮮の“テロ支援”反発に警戒
今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。ドイツ政局を背景としたユーロ売りの影響でドル・円が下支えされる地合いは続く見通し。ただ、米国からテロ支援国家に再指定された北朝鮮による反発が予想され、警戒の円買いが意識されよう。
ドイツのメルケル首相は9月の議会選後、4期目の政権発足に向け3党連立協議を進めていたが、交渉は決裂し他党との連立政権発足か再選挙かを近く判断する。こうしたなか、メルケル首相はテレビのインタビューで再選挙に踏み切る考えに言及。第3党に躍進した極右政党ドイツのための選択肢がさらに勢力を拡大した場合、メルケル首相の政策運営が不安定化する可能性から、ユーロ売りが進みやすくなるだろう。前日の海外市場で欧米株は堅調となったが、ユーロ売り・ドル買い基調が強まり、ドル・円は小幅に押し上げられた。今晩もドイツ政局を嫌気したユーロ売りが継続し、ドルは下値の堅い値動きが予想される。

一方、トランプ米大統領選は20日、北朝鮮のテロ支援国家再指定を決定。核・ミサイル開発や今年2月のマレーシアの空港での金正男氏殺害などが背景にある。同時に米財務省は21日に追加制裁を発表する予定。北朝鮮はこうした米国の動きに反発を強め、新たな軍事的威嚇行為を再開する可能性が指摘される。このため、目先の取引ではリスク回避的な円買いが入りやすい見通し。また、米税制改革法案の審議の行方には不透明感が広がっており、引き続きドルは買いづらい展開となろう。ドル・円は111円台では押し目買い、113円台は利益確定売りが観測され、目先も112円台を中心に推移する展開となりそうだ。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・18:05 ロウ豪準備銀行総裁講演
・18:30 英・10月公的部門純借入額(銀行部門除く)(予想:+71億ポンド、9月:+59億ポンド)
・22:30 米・10月シカゴ連銀全米活動指数(予想:0.20、9月:0.17)
・24:00 米・10月中古住宅販売件数(予想:540万戸、9月:539万戸)



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below