Reuters logo
今日の為替市場ポイント:米FOMC議事要旨公表控えて投資家は様子見姿勢
November 21, 2017 / 11:42 PM / 24 days ago

今日の為替市場ポイント:米FOMC議事要旨公表控えて投資家は様子見姿勢


*08:39JST 今日の為替市場ポイント:米FOMC議事要旨公表控えて投資家は様子見姿勢
21日のドル・円相場は、東京市場では112円70銭から112円43銭まで下落。欧米市場では112円60銭まで買われた後に112円18銭まで反落したが、112円49銭で取引を終えた。

本日22日のドル・円は、112円台半ばで推移か。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を控えて様子見ムードが強まる中、112円台半ばで小動きに推移している。勤労感謝の日で祝日を控えて、全体的に方向感に欠ける動きとなりそうだ。

海外市場では良好な内容の米住宅関連指標や堅調な米株式相場がドル相場の下支え要因となり、112円台半ばで推移している。ただし、米税制改革の年内実現の先行き不透明感が消えていないことや、米朝間の緊迫化の高まりを背景に、積極的にドルを買う動きは控えられるとみられる。米財務省は21日、北朝鮮との取引に関わった中国企業含む14団体・個人を新たに米独自の制裁対象に加えたと発表。このため、北朝鮮をめぐる地政学的リスクへの懸念が広がっており、リスク回避目的の円買いも入りやすい地合いとなっている。

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が参加するパネル討論会や米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨公表を控えて、市場参加者の間では模様眺めムードが広がっている。本日の東京市場は有力な手掛かり材料が不足していること、明日23日は日米の祝日となることから、全体的に方向感に欠ける動きとなりそうだ。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below