Reuters logo
今日の為替市場ポイント:日米休場で主要通貨の為替取引は動意薄
November 22, 2017 / 11:45 PM / in 22 days

今日の為替市場ポイント:日米休場で主要通貨の為替取引は動意薄


*08:42JST 今日の為替市場ポイント:日米休場で主要通貨の為替取引は動意薄
22日のドル・円相場は、東京市場では112円50銭から111円99銭まで下落。欧米市場では112円18銭まで戻した後に111円14銭まで反落し、111円22銭で取引を終えた。


本日23日のドル・円は、主に111円台前半で推移か。米金利見通しの不透明感は払拭されていないが、日米の金融市場は祝日のため休場となることから、ドル・円を含めた主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く見込み。


22日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事録(議事要旨)によると、近い将来の利上げは適切であるとの判断が示されたが、多くの参加者は低インフレについて「一過性の要因だけではなく、より持続性のある状況の影響を反映している可能性がある」との見方を示していたことが判明した。


インフレ見通しについては、一部メンバーの強気な意見(労働市場の引き締まりが続く中でインフレリスクが高まる可能性がある)が紹介されているものの、今後の金融政策の道筋についてメンバー間で見解の相違があることが認められた。


なお、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は21日、ニューヨーク大学で開かれたイベントで、「早急過ぎる緩和策の解除はインフレ率を目標未満にとどめるリスクがあるが、緩和解除のペースが遅過ぎることにもリスクがある」と指摘した。市場関係者の大半は12月の追加利上げを確信しているが、一部の市場関係者は「2018年以降の金利見通しについては予断を許さない状況が続くことになる」と警戒している。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below