Reuters logo
今週の【マザーズ市場】11月20日~24日『中小型物色の流れを背景に6日続伸』
2017年11月26日 / 06:12 / 18日前

今週の【マザーズ市場】11月20日~24日『中小型物色の流れを背景に6日続伸』


*15:07JST 今週の【マザーズ市場】11月20日~24日『中小型物色の流れを背景に6日続伸』
【3日続伸、中小型株物色の流れに乗る】20日(月)

■概況■1145.13、+12.25
20日(月)のマザーズ市場は、中小型株物色の流れを追い風に堅調な展開だった。米株安や円相場の上昇を受けて日経平均が軟調推移となり、個人投資家を主体とした中小型株への資金流入が活発となった。これまで上昇の目立ったバイオ株などは利益確定売りに押されたが、好業績株や材料株、量子コンピューター関連等のテーマ株に物色が向かった。なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で971.66億円。騰落数は、値上がり172銘柄、値下がり60銘柄、変わらず11銘柄となった。


◆注目銘柄◆
好業績の中村超硬6166やゲーム株のカヤック3904などが10%を超える上昇となった。フィルカンパニー3267は強い切り返しでストップ高。DMP3652も量子コンピューター関連や人工知能(AI)関連のテーマ性で関心を集めたようでストップ高を付けた。その他、ブライトパス4594、GNI2160、串カツ田中3547、UNITED2497、サンバイオ4592などが上昇した。ブライトパスは「免疫機能再建法」に関する特許成立が材料視され、UNITEDは一部メディアで出資先メルカリが取り上げられたことを受けて買われたようだ。

一方、マザーズ売買代金トップのSOSEI4565が5%超下落し、PKSHA3993、オーケストラ6533、BS3623、ミクシィ2121などがさえない。また、本則市場への市場変更や株式売出し実施を発表したイントラスト7191がマザーズ下落率トップだった。


--------------------------------------

【4日続伸、中小型株物色続く】21日(火)

■概況■1153.06、+7.93
21日(火)のマザーズ市場では、主力大型株への買いが先行したことにより、朝方にはマザーズ指数がマイナスへ転じる場面も見られた。しかし、日経平均は買いが一巡すると高値こう着となり、前日に続き中小型株へと資金が向かった。なお、マザーズ指数は4日続伸、売買代金は概算で1112.31億円。騰落数は、値上がり125銘柄、値下がり105銘柄、変わらず12銘柄となった。


◆注目銘柄◆
マザーズ売買代金トップのソレイジア4597が13%近い上昇。19年12月期の営業黒字化を計画しているとの報道があった。グレイス6541やオーケストラ6533も10%超の大幅高となった。また、ヤフー4689が運営する「ヤフオク!」の新サービスで連携すると発表したマーケットE3135がストップ高を付け、ネットリユース・リサイクル事業を手掛けるリネットジャパン3556もストップ高まで買われた。

一方、中村超硬6166、UNITED2497、DMP3652、GNI2160などが下落し、SOSEI4565は小安い。 なお、本日マザーズ市場へ新規上場したサインポスト3996は買い気配のまま初値が付かなかった。同社はJR東9020と無人店舗の実証実験を始めたことが報じられている。


--------------------------------------

【小幅に5日続伸、IPOサインポストは初値3.9倍】22日(水)

■概況■1154.00、+0.94
22日(水)のマザーズ市場では、米株高や日経平均の続伸スタートによる投資家心理の改善を背景に、前日までの流れを引き継いで買いが先行した。上値では利益確定売りが出やすく、祝日を控えていることもあって、前場中ごろを過ぎるとマザーズ指数はマイナスに転じる場面が度々見られた。しかし、日経平均が上値の重い展開となったことで再び中小型株に資金が向かい、マザーズ指数は引けにかけてプラスに切り返した。なお、マザーズ指数は小幅に5日続伸、売買代金は概算で1192.01億円。騰落数は、値上がり125銘柄、値下がり105銘柄、変わらず12銘柄となった。


◆注目銘柄◆
エンバイオHD6092が11%高と商いを伴って急伸。中国から汚染調査や浄化案件が舞い込んでいると一部メディアが報じている。マーケットE3135は連日でストップ高比例配分。リネットジャパン3556は大幅続伸し、力の源HD3561も人気が続いた。その他では、ソレイジア4597、中村超硬6166、PKSHA3993、グレイス6541などが上昇した。

一方、ミクシィ2121、串カツ田中3547、DMP3652などが下落し、SOSEI4565やフィルカンパニー3267は小安い。また、足元で人気だったオーケストラ6533が本日は急反落し、マザーズ下落率トップとなった。 なお、サインポスト<3996
>は上場2日目の本日、公開価格の約3.9倍となる高い初値を付けた。初値形成後も一時ストップ高を付ける場面があった。


--------------------------------------

【6日続伸、人気株に積極的な押し目買い】24日(金)

■概況■1162.75、+8.75
24日(金)のマザーズ市場では、為替の円高などを受けた日経平均の反落スタートに連れて、利益確定売りが先行した。しかし、このところの中小型株物色の流れから、人気株には積極的な押し目買いが入り、マザーズ指数は強い切り返しを見せた。なお、マザーズ指数は6日続伸、売買代金は概算で1198.88億円。騰落数は、値上がり159銘柄、値下がり78銘柄、変わらず7銘柄となった。マザーズ指数は5日線に沿った上昇が続いている。


◆注目銘柄◆
力の源HD3561がマザーズ売買代金トップで連日の上場来高値更新。全日本空輸(ANA)と国際線機内食に新ラーメンを提供すると発表している。エンバイオHD6092、串カツ田中3547、メドピア6095などは10%超の大幅高。また、マーケットE3135が3日連続で買い気配のままストップ高比例配分となり、直近IPO銘柄のサインポスト3996もストップ高水準で本日の取引を終えた。その他、ソレイジア4597、DMP3652、PKSHA3993などが上昇し、SOSEI4565は小幅高だった。

一方、ミクシィ2121、ブライトパス4594、ドリコム3793などが下落。ブライトパスは新株予約権発行で希薄化懸念等が先行した。また、足元で人気だったサンバイオ4592や、ファミリーマートのコインランドリー参入報道で競争激化が懸念されたWASHハウス6537が急反落し、マザーズ下落率上位に並んだ。


--------------------------------------



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below