Reuters logo
個人投資家株番長:流行が深刻な殺人インフルエンザにおける関連銘柄【FISCOソーシャルレポーター】
2017年11月28日 / 03:45 / 14日前

個人投資家株番長:流行が深刻な殺人インフルエンザにおける関連銘柄【FISCOソーシャルレポーター】


*12:41JST 個人投資家株番長:流行が深刻な殺人インフルエンザにおける関連銘柄【FISCOソーシャルレポーター】
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家株番長氏(ブログ「株番長の注目銘柄」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年11月28日7時に執筆

今年も、インフルエンザの本格的な流行期が近づいてきたことから注目を集めているが、日本と季節が逆転する南半球では2017年に致死率が通常よりも高い「殺人インフルエンザ」が流行したとされており、国内でも緊張感が高まりつつある。

■重症化すれば死に至るケースも
インフルエンザは高熱が出ることで知られており、感染時の症状を緩和する目的で予防接種を受ける人が少なくない。インフルエンザと診断された場合は学校に出席できなくするなどの措置が講じられることからも、その感染力の高さがうかがえる。日本でも冬を中心に毎年流行しているが、11月末時点ではまだインフルエンザの大規模な流行には至っていないようだ。しかし、昨年大流行したノロウイルスの感染者が今年はそれほど伸びていないことから、警戒対象がインフルエンザに集中しやすくなる可能性は認識しておきたい。特に日本では高齢化が進んでおり、若者に比べて免疫力が相対的に弱い高齢者が多い。介護施設や医療機関等での集団感染も毎年発生していることから、致死率の高いウイルスが流行すれば、インフルエンザによる死者が例年より多くなる可能性もあるだろう。

■ワクチン供給の遅れから不安が拡大する可能性
インフルエンザの症状緩和を目的とした予防接種は、毎年11月ごろから摂取希望者が増えるとされている。ところが、今年はワクチンの供給が遅れており、十分な予約を受け付けられない医療機関も出ているようだ。致死率が高いとされる殺人インフルエンザが本格流行すれば、予防接種を受けられていない層を中心に不安が拡大する可能性がある。ワクチン接種のほか、我々ができるインフルエンザ予防策としてはマスクの着用やうがい薬・加湿器の使用、ヨーグルトなど免疫力を高める効果があるとされる食品の摂取などが考えられる。医薬品メーカーやマスク製造業者、ドラッグストアなどに注目が集まる可能性もあるだろう。また、ヨーグルトへの注目度も一部では高いことから、ヨーグルトメーカーにも恩恵が波及することもあり得る。

■殺人インフルエンザ関連銘柄

3107ダイワボウホールディングス
マスクを製造していることから、インフルエンザ予防への関心が高まれば売り上げ増につながると考えられる。殺人インフルエンザが猛威を振るうこととなれば、普段は感染症予防への関心が薄い層にもマスク着用が広がる可能性がある。

4519中外製薬
抗インフルエンザ薬「タミフル」を販売していることから注目を集める可能性がある。治療薬を投与されたインフルエンザ患者が異常行動をするリスクがあるとされているが、高熱が原因とする考え方もあるため患者増が販売増につながるとみられる。

2269明治ホールディングス
免疫力強化に役立つとしているR-1ヨーグルトの販売促進を活発に行ってきたことから、感染症が流行するシーズンにさらなる売上増が期待できるかもしれない。殺人インフルエンザの流行で外出を控える動きが出れば、自宅でお菓子を楽しむ層が増えることも考えられる。

2112塩水港精糖
取り組んでいる事業の幅が比較的限られていることから、感染症対策としてオリゴ糖関連製品の売り上げが伸びれば、業績全体を押し上げる可能性がある。健康意識の高まりに加えて殺人インフルエンザの上陸が成長の追い風となるか要注目だ。

8113ユニ・チャーム
インバウンド需要を取り込み成長著しい企業だ。マスク製造を手がけており、殺人インフルエンザへの対策が進めば需要増の恩恵を受けられるだろう。インフルエンザは海外でも流行することから、中国人観光客などがマスクをまとめ買いすることなども考えられる。

6752パナソニック
インフルエンザウイルスは乾燥した環境を好むことから、室内を加湿することが有効な予防策となるとされる。オフィスでもデスク周りに加湿器を設置する人が少なからず見られる時代となっており、殺人インフルエンザが流行すれば加湿器の売上がさらに伸びたり、より高機能な製品が売れ筋となったりすることが期待される。

3088マツモトキヨシホールディングス
インバウンド需要を取り込んでいるほか、取扱商品の幅を広げてコンビニの客を取り込む動きもあるようだ。インフルエンザ対策に役立つマスクや消毒液などはドラッグストアで購入することができるため、殺人インフルエンザが流行すれば来店客増や客単価アップにつながると考えられる。

■人材関連銘柄まとめ -総括-
通常より致死率が高いとされるインフルエンザが海外で流行したことから注目を集めているインフルエンザ関連銘柄。日本でもインフルエンザの流行が本格化する段階で、例年以上に警戒心を強める人が増えれば関連銘柄に恩恵が波及するだろう。インフルエンザ予防に役立つ製品に関連した企業や、インフルエンザ治療薬の開発企業などを中心に値動きに注目しておきたい。

--------

執筆者名:株番長
ブログ名:株番長の注目銘柄



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below