Reuters logo
個別銘柄戦略:日東電工やJFEHDなどに注目
November 29, 2017 / 5:11 AM / 20 days ago

個別銘柄戦略:日東電工やJFEHDなどに注目


*14:06JST 個別銘柄戦略:日東電工やJFEHDなどに注目
買い先行の展開となるが、インデックスに絡んだ買い一巡後は、こう着感が強まりやすいだろう。日経平均は5日線を上回ってくることになろうが、直近のもち合いレンジ内での推移になりそうである。北朝鮮のミサイル発射については、米国では影響が限られたものの、日本に対する影響は意識されやすいだろう。また、ナスダックが切り返しているが、半導体SOX指数は下落となっている。足元で半導体物色にピーク感がみられてきていることもあり、買い一巡後は利益確定に向かいやすく、値がさハイテク株の戻りの鈍さが次第に日経平均の上値を抑える可能性はありそうだ。もっとも、昨日は内需・ディフェンシブ系にシフトしており、需給状況は良好である。半導体関連なども、利益確定売りは出来ても、売り仕掛けは禁物だろう。その他、個別で強気格付けや格上げ等が観測されているところでは、日東電工(6988)、JFEHD(5411)、住友商事(8053)、富士通ゼネラル(6755)、サトー(6287)、北陸電力(9505)に注目。
《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below