Reuters logo
NY株式:ダウ40ドル安、政権運営への先行き懸念が強まる
December 2, 2017 / 1:50 AM / 14 days ago

NY株式:ダウ40ドル安、政権運営への先行き懸念が強まる


*10:48JST NY株式:ダウ40ドル安、政権運営への先行き懸念が強まる
1日の米国株式相場は下落。ダウ平均は40.76ドル安の24231.59、ナスダックは26.39ポイント安の6847.59で取引を終了した。朝方は小動きで始まったものの、フリン前米大統領補佐官がFBIへの虚偽供述で有罪答弁を行い、政権運営への先行き不透明感から大幅下落。その後は米上院による税制改革案の本会議採決への楽観的な見通しから下げ幅を縮小したものの、相場を押し上げるには至らなかった。セクター別では、メディアやエネルギーが上昇する一方で資本財や半導体・半導体製造装置が下落した。

半導体のクアルコム(QCOM)は同業NXPセミコンダクターズ(NXPI)の買収難航が報じられ、下落。自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)は11月の新車販売台数が前年同期比で減少し、売られた。一方で、製薬のマイラン(MYL)は、ヘルスケア市場への参入を計画するネット小売のアマゾン(AMZN)と協議を行ったことが報じられ、上昇。OPEC(石油輸出国機構)とロシアを含む非OPEC加盟国が減産合意を18年末まで延長することに合意し、石油サービスのハリバートン(HAL)やシュルンベルジェ(SLB)などエネルギー銘柄が堅調推移となった。

上院の税制改革案が可決されても、下院と法案一本化のすり合わせを行い、再び一本化された法案について両院で採決する必要がある。年内は15日までで議会は休会となることから、年内の税制法案成立は予断を許さない状況だ。



Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below