Reuters logo
今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆主に133円台後半で推移か
2017年12月3日 / 23:49 / 9日前

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆主に133円台後半で推移か


*08:43JST 今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆主に133円台後半で推移か
ユーロ・ドルは、1.1714ドル(2015/8/24)まで反発した後に1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は9月の理事会で金融緩和策縮小を検討するとの思惑などで1.2092ドル(2017/08/29)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から134円50銭(2017/10/25)まで買われたが、ドイツの大連立協議は来年1月以降に開始されることから、政治不安がすみやかに払拭される状況ではないとみられており、リスク選好的なユーロ買いはやや抑制されている。

本日のユーロ・円は主に133円台後半で推移か。米税制改革法案の年内可決への期待はあるものの、北朝鮮を巡る地政学リスク増大の可能性は残されている。新たなユーロ買い材料が提供されない場合、ユーロの対円レートは134円を挟んだ水準で推移する展開となりそうだ。

【ユーロ売り要因】
・ECBは金融緩和策の縮小を慎重に進める方針
・年内における米税制改革法案の可決への期待
・ドイツの政治不安は解消されず

【ユーロ買い要因】
・米長期金利低下
・ユーロ圏の製造業・サービス業PMIは堅調
・ドイツで大連立政権樹立の可能性


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below