Reuters logo
インド中央銀行が再度ビットコイン取引について警告【フィスコ・ビットコインニュース】
December 7, 2017 / 6:00 AM / 8 days ago

インド中央銀行が再度ビットコイン取引について警告【フィスコ・ビットコインニュース】


*14:55JST インド中央銀行が再度ビットコイン取引について警告【フィスコ・ビットコインニュース】
インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が12月5日、仮想通貨に関して今年2回目となる警告を発表した。仮想通貨の利用者や所有者、投資家に注意喚起を促すものだ。今年2月に出されていた警告と同様の内容で、インドのどの企業に対してもビットコインをはじめとする仮想通貨を扱う許可などは出していない旨を述べている。

2月の発表と異なる点として、このたびの警告にはICO(Initial Coin Offering、仮想通貨を利用した資金調達の一種)やトークンの販売に関するものも含まれている。また、仮想通貨市場全体の価値の急騰についても強調している。同中央銀行が述べるところによると、多くのベンチャーキャピタルの評価による急騰や、ICOの急激な成長をふまえて再度仮想通貨の動向を注視しているようだ。

インドでは今年11月、最高裁判所が政府に対してビットコインの規制に対応するよう要求するという動きも見られている。国境を越えて取引を行うことができることから、脱税などに用いられることを危惧しているようだ。

仮想通貨の価格高騰と共に国家による法規制対応が進み始めている。日本では2017年より仮想通貨取引所は金融庁の監督下となり、仮想通貨の法的な立ち位置も定義されているが、今後も各国の動向が注目される。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below