December 15, 2017 / 4:50 AM / a year ago

シャープの東証一部上場復帰後の考え方、SMBC日興証券(花田浩菜)


*13:47JST シャープの東証一部上場復帰後の考え方、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

足元でIPO人気が続いておりますが、日本株全体としては依然として動きが鈍い状況が続いておりますね。ただ、材料のある銘柄や好業績見込みのある銘柄への物色は続いているようですね。さて、本日はSMBC日興証券がシャープ6753の目標株価の引き上げを発表しており、12/15付「Opening Bell」にそのレポートが掲載されていますので、ご紹介しますね。

まず同レポートでは、『同社株は12月7日付で東証1部に再上場され、株式市場はこれを好感した。次は18/3期での復配の「有言実行」の有無がカタリストとなろうが、その後は19/3期以降のファンダメンタルズに再度注目が集まろう』と伝えています。

同社の事業面に関して、『鴻海精密工業からの様々なサポートがあり、前経営陣時代の負の遺産処理を17/3期に行い固定費水準が切り下がったことの2点が、液晶市況が悪化しつつある環境でも好業績を実現できた一要因と考える。19/3期以降はこうした環境要因が同社業績に波及しようが、今後の動向に注目したい』との見解を述べています。

これに加え、『ディスプレイ事業以外の事業価値』や『ディスプレイ事業としての妥当価値』なども踏まえ、SMBC日興証券では、同社の目標株価を2,200円から2,500円に引き上げています。その他にも、日本郵政6178やゆうちょ銀行7182などのレポートも掲載されていますので、詳しくは12/15付けの「Opening Bell」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜


《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below