December 17, 2017 / 11:35 PM / a month ago

今日の為替市場ポイント:日経平均反発でドルは底堅い動きとなる可能性も


*08:34JST 今日の為替市場ポイント:日経平均反発でドルは底堅い動きとなる可能性も
15日のドル・円相場は、東京市場では112円40銭から112円11銭まで下落。欧米市場では112円03銭まで下げた後に112円75銭まで反発し、112円61銭で取引を終えた。

本日18日のドル・円は、主に112円台後半で推移か。米税制改革法案の年内成立への期待感を背景に、ドルは対円で強含みとなっている。日経平均株価の反発が予想されることから、ドル・円は112円台後半で底堅く推移する展開が予想される。

米共和党指導部は前週末15日に法人税率を2018年から21%へ引き下げるなど抜本的な税制改革法案で最終合意。下院では早ければ19日、上院は20日に法案が可決される公算が大きくなった。市場では年内の税制改革法案成立への期待感を背景に、ドル買い・円売り基調が継続している。また、米長期金利が小幅に上昇していることも、ドル相場の下支え要因となっている。

本日の東京市場では日経平均株価が反発した場合、ドル・円は112円台後半で底堅く推移すると予想する。ただ、クリスマス休暇前で欧米勢が為替取引を手控えていることもあり、ドル高・円安が急速に進む可能性は低いとみられる。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below