December 18, 2017 / 1:15 AM / a year ago

北朝鮮が仮想通貨を狙い始めた可能性【フィスコ・ビットコインニュース】


*10:12JST 北朝鮮が仮想通貨を狙い始めた可能性【フィスコ・ビットコインニュース】
仮想通貨取引所が北朝鮮政府系のハッカー集団の標的になっていると米ITセキュリティー企業のセキュアワークスが発表している。

同社によると、北朝鮮政府と関係するとされるハッカー集団「ラザルス」が、欧州系ビットコイン会社の幹部職の求人に見せかけた偽メールを各所に送信しているようだ。ラザルスは昨年バングラデシュ中央銀行から約91億円を不正送金させたハッキング事件に関わっているとされている。

また、同じく「仮想通貨」が北朝鮮のサイバー攻撃によって奪われる被害が韓国国内で確認されたと朝鮮日報が16日に報じたことも伝わっている。被害額は現在の価格で900億ウォン(約92億円)に上るという。国連の制裁によって、従来式の外貨獲得が困難になる中、同国が仮想通貨を狙い始めた可能性があると見られている。


《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below