December 18, 2017 / 8:30 AM / a year ago

欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、クリスマス前の調整を意識


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、クリスマス前の調整を意識
今日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。米税制改革法案の年内成立への期待からドル買い基調が続く見通し。ただ、今年の重要イベントはほぼ通過しクリスマス休暇を意識した調整のドル売りが出やすく、ドル・円の上昇を抑えそうだ。

報道によると、米共和党執行部は税制改革法案の最終案に関し週内の可決・成立を見込んでいる。早ければ19日にも上院採決の方向で、トランプ政策の柱である税制改革に向け最終段階に入ったとの見方から、ドル買い基調が続く見通し。20-21日には日銀金融政策決定会合の開催が予定されるなか、本日のアジア市場でドル・円は112円台半ばから後半の底堅い値動きとなり、海外市場でも株高などを手がかりに113円台を目指す展開が予想される。

ただ、ドルはこれまで税制改革法案の成立に関し期待先行で上昇してきたことから、「実際に成立した後は調整の売りが強まる」(市場筋)との見方もある。来週から始まるクリスマス休暇を控えた調整も見込まれており、目先はドル売りに振れやすくなる可能性があろう。また、来年の連邦準備制度理事会(FRB)による金融正常化の方針維持のわりに米長期金利の上昇ペースが鈍いことも、ドル買いを慎重にさせるとみられる。

今晩の取引は材料難のため積極的には動きづらいなか、ユーロの値動きにも警戒したい。ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第2党の社会民主党(SPD)は、大連立による政権発足に向け暫定交渉を開始する方向。反面、スペイン・カタルーニャの独立を争点とする21日の州議会選に警戒感も広がっている。これらを手がかりにユーロ・円が上値の重い展開となれば、ドル・円もそれにある程度影響される値動きとなる可能性がある。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・19:00 ユーロ圏・11月消費者物価指数改定値(前年比予想:+1.5%、速報値:+1.5%)・24:00 米・12月NAHB住宅市場指数(予想:70、11月:70)




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below