December 19, 2017 / 8:32 AM / a month ago

欧米為替見通し:ドル・円は買いづらい展開か、カタルーニャ情勢に警戒も


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は買いづらい展開か、カタルーニャ情勢に警戒も
今日の欧米外為市場では、ドル・円は買いづらい展開を予想する。明日から開催の日銀金融政策決定会合を前に、「異次元緩和」の継続を見込んだ円売りに振れやすい見通し。ただ、スペイン・カタルーニャ州の議会選を控え、上げ渋るユーロ・円がややドル・円の
重しになるような値動きとなりそうだ。

市場は年末モードに入り、材料難から商いは閑散となりつつある。引き続き米税制改革法案の協議を見極める状況のなか、法案成立の期待が続きドル買い地合いに変わりはなさそうだ。ただ、週内の成立はほぼ織り込まれ一段のドル買いは入りづらく、ドル・円は113円台回復を想定しにくい。一方で、日銀は20-21日開催の定例会合で従来の金融政策を今後も維持する方針とみられ、円売り安心感が広がる見通し。本日のアジア市場では日経平均株価が下げに転じても円買いは限定的となった。22時半発表の米国の住宅関連指標に波乱がなければ、ドル・円は目先も112円台で底堅い値動きとなろう。

今晩の海外市場では、引き続きユーロの値動きが注目される。足元ではドイツの政治情勢が大連立により安定化に向かうとの思惑からユーロにやや買いが集まりやすく、ユーロ・円がドル・円を押し上げる展開もみられる。ただ、21日投開票のスペイン・カタルーニャ州議会選は、地元メディアによる足元の情勢調査によると、独立派と反独立派の支持がほぼ拮抗しているもよう。独立派が勝てば再び住民投票などに発展する動きが見込まれるほか、ともに過半数に届かなければスペイン政府の目論見通りに混乱は収束に向かわない可能性が指摘される。このため、ユーロ買いが慎重になり、ユーロ・円が上げ渋る場合には、ドル・円の押し上げ効果も期待しにくくなりそうだ。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・18:00 独・12月IFO企業景況感指数(予想:117.5、11月:117.5)
・22:30 米・11月住宅着工件数(予想:125.0万戸、10月:129.0万戸)
・22:30 米・11月住宅建設許可件数(予想:127.0万戸、10月:131.6万戸)
・22:30 米・7-9月期経常収支(予想:-1162億ドル、4-6月期:-1231億ドル)
・06:45 NZ・11月貿易収支(予想:-5.5億NZドル、10月:-8.71億NZドル)



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below