December 20, 2017 / 7:24 AM / a year ago

材料出尽くしとしても、先高観をキープしての底堅い展開【クロージング】


*16:16JST 材料出尽くしとしても、先高観をキープしての底堅い展開【クロージング】
20日の日経平均は反発。23.72円高の22891.72円(出来高概算16億6000万株)で取引を終えた。19日の米株安の流れを受けて利食い先行で始まったが、米税制改革法案の成立が確実視されるなか、円相場がやや円安に振れている流れもあって、一時22923.50円とプラス圏を回復する場面もみられた。その後は昨日同様、前日終値を挟んでの狭いレンジ取引が続いた。後場半ばには「米上院、税制改革法案を可決」と報じられるなか、再度22900円を捉えるものの、思ったほど円安に振れず、こう着感の強い相場展開が続いた。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1100を超え、過半数を占めている。セクターでは石油石炭、銀行、非鉄金属、ゴム製品、卸売、保険、空運が上昇。一方でサービス、建設、不動産、その他製品がさえない。SUBARU7270、KDDI9433、ファーストリテ9983、リクルートHD6098、ソフトバンクG9984、東エレク8035が重しとなった。

米上院は税制改革法案を可決した。下院が19日に税制法案を可決した後、上院民主党が予算ルールに抵触したとして比較的重要でない幾つかの条項を削除したため、同法案は下院に戻される。下院が20日午前に再び可決すれば、トランプ大統領に送付される。税制改革を選挙公約に掲げていたトランプ米大統領は勝利に近づいたことから今晩の米国市場の反応が注目される。

市場参加者は限られるものの、懸念要因は払拭する格好になるため、買い安心感につながりそうだ。日本株についても材料出尽くし感から金融セクターが利食いに押されたとしても、リバランスからハイテク株の上昇が意識されやすい。日経平均はもち合いレンジから大きく上放れる流れは期待しづらいが、先高観をキープしての底堅い展開が見込めよう。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below