December 20, 2017 / 8:34 AM / 9 months ago

欧米為替見通し:ドル・円は小じっかりの展開か、ユーロ・円の値動きを注視


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は小じっかりの展開か、ユーロ・円の値動きを注視
今日の欧米外為市場では、ドル・円は小じっかりの展開を予想したい。米税制改革法案の成立は織り込み済みだが、米長期金利の上昇を背景としたドル買いは継続する見通し。ただ、ユーロ・円が節目の134円台半ばを上抜けられなければドル・円の上昇を抑えそうだ。

トランプ米政権が公約として掲げてきた税制改革の法案は、19日に行われた下院での採決の結果、賛成227、反対203票の賛成多数で可決。現地時間で日付が20日に変わってから上院でも採決が行われて可決し、下院に再送付となるが成立が見込まれている。約30年ぶりの減税として注目されており、法案成立の意義は大きい。ただ、ドル・円は113円台をいったん回復したものの、調整色を帯びたドル売りも観測され、本日アジア市場では113円を挟んだ値動きになっている。

今晩の海外市場では、前日発表の米国の11月住宅着工件数が予想を上回り、住宅関連指標の強さが意識されていることから、24時発表の11月中古住宅販売件数が注目される。前月を上回る増加が予想されており、消費拡大を好感したドル買いが入りやすくなるだろう。米税制改革法案の成立はすでに織り込み済みだが、米10年債利回りが2.40%を超えて上げ始めている状況であり、ドル買いは継続する可能性があろう。

一方、今晩はユーロ・円の値動きも手がかりとなりそうだ。ユーロ・円は足元では133円後半で推移しているが、今年8月以降は上昇基調に振れても134円半ば付近で跳ね返されるケースが目立つ。同水準を上抜けられれば、ドル・円を押し上げる要因となりそうだ。ただ、ドイツの政局やスペインで21日に行われるカタルーニャ州議会選がリスク要因とさ
れ、ユーロ・円が上げ渋るとドル・円は113円台が定着しない可能性もあろう。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:00 ユーロ圏・10月経常収支(9月:+418億ユーロ)
・21:00 メイ英首相が下院で質疑応答
・22:15 カーニー英中銀総裁が議会公聴会出席
・24:00 米・11月中古住宅販売件数(予想:553万戸、10月:548万件)
・06:45 NZ・7-9月期GDP(前年比予想:+2.4%、4-6月期:+2.5%)



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below