December 22, 2017 / 4:32 AM / 9 months ago

JPモルガン、ビットコインの変動率を分析


*13:28JST JPモルガン、ビットコインの変動率を分析
米JPモルガンのストラテジストによる21日の顧客向けレポートでは、「資産クラス全般のボラティリティー(変動率)が落ち込む現状にあって、日中の値動きが極端な資産の特異性が示される」と指摘されており、「ビットコインの実現ボラティリティーは他の資産クラスに見られるものとは異なるものだ」との分析が記されていたことが伝わっている。

12月よりデリバティブ(金融派生商品)売買で主要なCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とCBOE(シカゴ・オプション取引所)といった取引所で先物取引の提供が開始され、機関投資家などもビットコインに注目するようになり、従来の手法でビットコインの分析を試みようとする金融機関が足元では増えている。

同行のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が仮想通貨ビットコインを「詐欺」と呼んだことが9月に話題となったが、同行内では依然として分析が進められているという。


《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below