December 25, 2017 / 7:07 AM / 9 months ago

もち合いレンジからの上放れを意識したスタンス【クロージング】


*16:04JST もち合いレンジからの上放れを意識したスタンス【クロージング】
25日の日経平均は続伸。36.42円高の22939.18円(出来高概算10億5000万株)で取引を終えた。海外市場がクリスマスの祝日で休場となる中、方向感に欠ける相場展開となった。日経平均は先週末の終値を挟んでのもみ合いとなり、前場の日中値幅は40円程度にとどまっていた。後場に入るとインデックスに絡んだ資金流入により、プラスに転じると、その後はプラス圏での推移が続いた。ただし、後場の値幅は30円程度と狭く、出来高は今年最低を記録した。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは金属製品、化学、石油石炭、鉱業、繊維、精密機器、ガラス土石、食料品がしっかり。半面、海運、証券、銀行、小売、鉄鋼がさえない。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、安川電6506、資生堂4911が堅調。一方で、ファーストリテ9983、京セラ6971が重しとなった。

日経平均は参加者が限られる中で狭いレンジ取引が続いたが、明日も同様の展開になりそうである。ただし、参加者が限られるものの、来年に向けた先高観から、見直し買いを入れてくる可能性はありそうだ。祝日明けの米国市場においても、薄商いながらも減税による恩恵を受ける企業への物色がみられるようだと、支援材料になりそうである。引き続きもち合いレンジからの上放れを意識したスタンスとなろう。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below