December 25, 2017 / 8:32 AM / a year ago

欧米為替見通し:ドル・円は下値の堅い展開か、来年の米中間選挙に早くも思惑


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は下値の堅い展開か、来年の米中間選挙に早くも思惑
今日25日の欧米外為市場では、ドル・円は下値の堅い展開を予想したい。クリスマスの休場で閑散商いのなか、米税制改正の法案成立などでドル売り要因は後退。一方、来年の米中間選挙でトランプ政策の進展に関し、今後悲観的な見方が広がる可能性があろう。

今晩はクリスマス休暇のため、アジア、欧州、米国のほとんどの主要市場が休場となり、小動きが予想される。閑散商いのため値が振れるリスクはあるものの、積極的な売り買いは手控えられる見通し。こうしたなか、前週末に発表された欧米の経済指標は底堅い内容となったことから、ユーロやドルの売りは慎重になりそうだ。特に、米11月コアPCE価格指数は連邦準備制度理事会(FRB)の目標である前年比+2.0%に対し、22日に発表された11月分は前回上振れ予想と一致。また、トランプ政策の柱である税制改正案が前週に成立したことも、ドル売りを後退させる要因となろう。

ただ、来年に向けてトランプ政権の政策運営には悲観的な見方が広がりやすい。ホワイトハウスは来年1月、公約として掲げていた道路や橋りょうなどを中心にインフラ整備に関する1兆ドル規模の政策を発表する方針だが、今回の税制改革同様、財源の確保が不明確だと財政赤字を膨張させるとの批判を招きかねない。

そもそも、来年11月の中間選挙で与野党が逆転した場合、政策実現のための法案が通らない見通し。中間選挙は下院435、上院34の議席が争われるが、トランプ大統領の不人気ぶりから共和党の議席減は避けられないだろう。長期的に、政策の大幅縮小に伴う株安・ドル安のシナリオが意識されるかもしれない。

【今日の欧米市場の予定】
・クリスマスで休場:NZ、豪、韓国、香港、シンガポール、インド、独、仏、スイス、英国、米国、カナダ、ブラジル、南アなど





《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below