December 26, 2017 / 12:58 AM / a month ago

個別銘柄戦略:大日印や岡本工などに注目


*09:52JST 個別銘柄戦略:大日印や岡本工などに注目
引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。昨日は海外市場がクリスマスの祝日と休場となるなか、東証1部の売買高は今年最低となった。本日も欧州市場では休場になるため、海外勢のフローは期待しづらいところである。ただし、個人主体の売買は活発であり、直近IPO銘柄などにはリバウンドを狙った短期資金が集中していた。また、祝日明けの米国市場においても、薄商いながらも減税による恩恵を受ける企業への物色がみられるようだと、支援材料になりそうである。日経平均は22900円処でのこう着ながらも、引き続きもち合いレンジからの上放れを意識したスタンスとなろう。物色としては個人主体の中小型株が中心になろう。2018年も注目されよう政府主導の働き方改革の他、仮想通貨、次世代電池といった関連銘柄に対する物色が強まるとみておきたい。また、昨日はインデックスに絡んだ売買の影響とはいえ、ファナック6954、安川電6506が指数寄与上位だった。トランプ政権に対する期待等から来年に向けた先高観も強く、見直し買いを入れてくる可能性はありそうだ。個別で強気格付け等が観測されているところでは、ロコンド3558、大日印7912、岡本工6125、エフピコ7947に注目。
《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below