December 28, 2017 / 1:31 AM / 9 months ago

ICO、発行者の売り抜けを制限する仕組み開発【フィスコ・ビットコインニュース】


*10:25JST ICO、発行者の売り抜けを制限する仕組み開発【フィスコ・ビットコインニュース】
一般社団法人の分散技術総合研究所がICO(仮想通貨技術を利用した資金調達の一種)の透明性を高める仕組みを開発したと報じられている。ICOの際に発行する「トークン」と呼ばれるデジタル権利証の売り抜けを制限することができるという。

ICOは、ホワイトペーパーと呼ばれる計画書で事業内容などを公表し、投資家からビットコインやイーサリアムといった仮想通貨で資金調達、見返りとして独自のトークンを発行するというもの。トークンが取引所に上場すれば取引が可能となる。

金融機関に頼らず手軽に資金調達ができる一方で、トークンの発行者が自ら保有するトークン全てを売り抜けることができる。公表した事業が立ち上がらず頓挫する事例もあり、実態を伴わないICOが横行しているとの指摘もある。

今回同研究所が開発したのは発行者によるトークンの売り抜けをあらかじめ制限する仕組みだという。発行者はこの仕組みで自らの売り抜けを制限することで、責任をもって事業に取り組むことをアピールできるという。開発した仕組みは2018年1月に公開され、無料で使用することが出来る。

ICOの利用が世界中で広がる一方で、規制論も各所で議論されていた。今回、同研究所が開発したような仕組みが広がってくれば、市場の健全な発展へと繋がっていくものと期待される。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below