December 28, 2017 / 2:56 AM / 9 months ago

韓国のサラリーマン、10人に3人が仮想通貨に投資【フィスコ・ビットコインニュース】


*11:51JST 韓国のサラリーマン、10人に3人が仮想通貨に投資【フィスコ・ビットコインニュース】
韓国の求人サイト「サラミン」が27日、韓国人サラリーマン941人を対象に行った調査によると、対象の31.3%が仮想通貨に投資しており、平均投資額は566万ウォン(約5300ドル)だった。

仮想通貨に投資していると答えた人のうち、投資金額として最も多かったのが「100万ウォン(約900ドル)以下」で44.1%、次いで「100万ウォン~200万ウォン(約1900ドル)」で18.3%となった。さらに「1000万ウォン(約9300ドル)以上」と答えた人は12.9%だった。

また、仮想通貨に投資する理由としては、「お金を稼ぐのに最速の方法であるから」が54.2%、「少額でも簡単に投資ができるから」が47.8%となった。

さらに、対象の80.3%が「仮想通貨への投資で利益を出している」と答えており、利益を指していると回答した人のうち、21.1%が「利益が10%を超えている」、19.4%は「利益が100%を超えている」と回答している。一方で、「損失が出ている」と回答した人は6.4%、「損得なし」と回答した人は13.2%だった。

韓国には世界最大の取引所が3つあり、世界のビットコイン取引量の20%を占めていると言われている。また、韓国では200万人がビットコインなどの仮想通貨を所有しているとされている(韓国の人口は約5100万人)。韓国の取引所では世界的な市場価格に対して15%~25%ほど割高となっており、こうしたプレミアムは「キムチプレミアム」と呼ばれている。

仮想通貨への投資が盛り上がりを見せる一方で、韓国政府は破綻した際の影響を危惧しており、取引所の運営条件を設定する法案を準備している。19日には韓国の取引所「ユービット」がサイバー攻撃により約4000ビットコインの盗難にあい、取引所を閉鎖・破産を申請すると発表した。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below