December 28, 2017 / 11:02 AM / 6 months ago

ウクライナ仮想取引所、代表の誘拐疑惑が浮上【フィスコ・ビットコインニュース】


*19:58JST ウクライナ仮想取引所、代表の誘拐疑惑が浮上【フィスコ・ビットコインニュース】
ウクライナの仮想通貨取引所EXMOの代表取締役であるパヴェル・ラーナー氏が、首都キエフにあるオフィスを出た際に何者かに誘拐されていたとの疑惑が浮上していることが現地メディアにより報じられている。現在、現地警察が全力を挙げて捜査に乗り出している。

ロシアのクルスク出身で、ポーランドに居住許可を得ている同氏は、同国で多数の仮想通貨やブロックチェーン関連の事業に携わっており、EXMOはイギリスで法人登記されていた。同取引所では、今月に入り、本社とCEOのアパートが同国のセキュリティーサービスに捜索されており、ユーザーデータや資金が保管されている機器などが没収されているとのこと。

一方、現地メディアに対して同取引所は、今回の疑惑事件は業務に支障をきたすことはなく、通常通りに運営がなされているうえ、ユーザーのデータや資金もハッキングはされていないと安全面を強調している。

国外では、仮想通貨取引所を狙ったハッキング攻撃を行う組織の存在などが伝わるなか、投資家の不安を煽る可能性は否定できないだろう。

なお、日本時間12月28日午後7時時点では、EXMOにおけるビットコイン価格は15,700.00ドルでの推移となっている。他方、日本のbitFlyerでは14,235.20ドル、米国のBitfinexは14100.00ドルで動いており、直近ではEXMOにおけるビットコインが大きく売り込まれる展開はみられていない。

※ビットコイン/米ドルはCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below