December 31, 2017 / 8:07 AM / 9 months ago

MASAOKA:2017年振り返り【FISCOソーシャルレポーター】


*17:00JST MASAOKA:2017年振り返り【FISCOソーシャルレポーター】
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家MASAOKA氏(ブログ「アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年12月14日19時に執筆

2017年の日本株を振り返ってみて
1回目の持ち合い
2017年1月から2017年3月

2回目の持ち合い
2017年5月から2017年9月

持ち合い抜けが
2017年9月19日で、上放れ

高所恐怖症というか、単に安値覚えで、買えなかった
いや買っていない投資家は、指をくわえてみているだけという
相場って、心理で動くなって、改めて思いました。

テクニカル的にいうと
200日移動平均線が、右肩上がりで、8月末の下押しでは
支持された格好になった。

今年のニュースは、やはり北朝鮮ネタだろう、4月のオプションのSQを狙った
為替を使って、株式市場をもコントロールかという、売り込みが激しかった。

日銀が介入しだしてからの日経平均の動きは
短期での上昇、4ヶ月近い持ち合いの時間調整を繰り返すような動きになっていて

そんでもって、ボラティリティが低下しまくって
オプションの買い方は、苦しい展開になる。

といって、売りが儲かるのかというと
いきなりボラティリティが低下したところで、上昇して
本来だと、楽勝で儲かるはずのコールオプション売りが
踏みあげられる展開に、買いも売りも大変な感じ

今年、流動性、株式市場コア30銘柄で
トレンドが変わった位置に逆差し注文を入れていたら
逆差し注文が通った1秒後でも、3ティックぐらい価格が変わって
アルゴリズム超高速取引 HFT の威力を思い知らされることに
人間のスピードを超越した感じで
どうも、投資戦略を変えざるを得ないと思い知らされた一年でした。


----

執筆者名:MASAOKA
ブログ名:アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。




《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below