December 31, 2017 / 11:18 PM / 6 months ago

ビット田代の「2018年仮想通貨びっくり10大ニュース」【フィスコ・ビットコインニュース】


*08:12JST ビット田代の「2018年仮想通貨びっくり10大ニュース」【フィスコ・ビットコインニュース】
「仮想通貨元年」といわれた激動の2017年が終わり、2018年が本日からスタートした。株式、為替の世界とは異なり、仮想通貨の世界は24時間365日のため区切りという概念はほぼないが、元旦という晴れやかな本日、「2018年仮想通貨びっくり10大ニュース」を発表したいと思う。決して荒唐無稽な話では無いと私が考えていることを10項目お伝えしたい(順不同)。

1、 国内で100億円規模の仮想通貨投資に特化したファンドが誕生する
2、ビットコイン価格が10万ドルに到達する
3、国内で金商法適用となりETFが上場するなど多くの金融商品が誕生する
4、国内で仮想通貨の投資家が人口の10%(1200万人)に達する
5、仮想通貨決済が増加し年間1兆円を超える
6、仮想通貨が相続税納付可能リストに加わる
7、100億ドル規模のICOが米国で誕生する
8、M&A資金など企業ファイナンスに利用される
9、数多くの小国でビットコイン利用が法定通貨の利用を上回る
10、米国で時価総額1000億ドルの仮想通貨関連企業が誕生する

それでは上から順に説明していきたい。

1、 国内で100億円規模の仮想通貨投資に特化したファンドが誕生する

米国では仮想通貨に関連したファンド(ファンド・オブ・ファンズなども含める)が既に数十本ほど立ち上がっていると聞く。こうした背景を考慮し、国内でも仮想通貨を投資対象としたファンドが立ち上がると考えている。法律を確認する必要はあるが、私募から公募に形式が変われば100億円規模のファンドを立ち上げることも可能なのではないだろう。投資家から広く資金を集めるファンドが国内でも立ち上がれば、資金流入期待などから仮想通貨の価格は上昇するかもしれない。ビットコイン以外のアルトコインも対象とすることで、大化けするようなアルトコインと出会える確率も高まるだろう。全てはファンドマネージャーの分析力、投資技術に掛かっている。

2、 ビットコイン価格が10万ドルに到達する

様々なビットコイン有識者や金融機関の方が、2018年のビットコイン価格の予想を出しているなか、私は10万ドル到達を予想する。この10万ドル到達の背景を説明したい。今回、ビットコインのブロックチェーン上におけるユニークアドレス件数をもとに計算してみた。これはユーザーの数が増えれば、乗数的に資産としての価値が向上するという視点に立った試算だ。実際、ユニークアドレス件数とビットコイン価格の相関は非常に高い。ユニークアドレス件数はビットコインの注目が高まりつつあった2013年と比較しても、足元の平均で10倍程度、実数では15倍程度の高い伸びを示している。2017年末の想定される数値で2018年末のビットコイン価格を試算すると64,975ドルという数値が計算される。ユニークアドレスの増加によってこれだけの水準が想定できるのであれば、先物などの思惑も加わることで10万ドルという水準も十分射程に入ると考えられよう。ちなみに、2017年のビットコインは年間で最大19倍まで上昇した。雑な発想で恐縮だが、足元の価格170万円で計算すると3230万円となる。ひょっとすると10万ドルは、ただの通過点かもしれない。

3、 国内で金商法適用となりETFが上場するなど多くの金融商品が誕生する

これは、金融商品取引法(金商法)の範疇にビットコインなど仮想通貨が入ることで、金融商品として認められ、金融機関がビットコイン派生商品の取扱いが可能になるといったロジックだ。金商法適用となれば、ETF上場など様々な金融商品が誕生するだろう。証券会社がビットコインを活用した金融商品を開発し販売することで、市場への資金流入が期待できよう。2018年は厳しいかもしれないが、金商法適用となれば世界は大きく広がることとなるので注目したい事例の一つだ。

4、 国内で仮想通貨の投資家が人口の10%(1200万人)に達する

一部報道にて、国内でのビットコイン保有者は100万人に達したと報じられている。人口の1%にも届かない状況ではあるが、足元保有者は加速していることだろう。足元、株式に投資している人は17年に東証が発表した調査によるとのべ4967万人いる。一人平均3-4銘柄保有と考えると1200万人から1600万人という計算となり、株式投資家の割合と同じだけの投資家が誕生となれば、1200万人という数字となる。数十年の株式市場の歴史を考慮すると、まだ10年ほどしか歴史がないビットコインが株式投資家の割合と並ぶのは苦しいとの指摘はあるが、既存の投資商品とは比較にならないスピードで進化するビットコインの市場を考えると「人口の10%」も決して遠くない気がする。

5、 仮想通貨決済が増加し年間1兆円を超える

投資の側面で注目されており足元の決済は伸び悩んでいると聞くが、大手家電量販店では日本人の決済利用も増えているもよう。年間で数百億円ほどと言われている決済金額だが、今後利用する店舗の増加など決済インフラの拡大によって決済金額は増加すると見る。なお、価格がまだまだ上昇する前提であれば、保有していたほうが資産価値は高まるため、決済で利用するケースは増えないといったロジックも考えられる。価格が下落した場合、今のうちに利用しておいたほうがいいという発想となるため決済金額が増加するかもしれないが、はたしてどうなるだろうか。

6、仮想通貨が相続税納付可能リストに加わる

おそらく今回の「2018年仮想通貨びっくり10大予想」のなかでは、最もびっくり内容だろう。現在、相続税では、金銭(法定通貨)のほか、国債、有価証券、不動産、船舶、動産でも納付可能となっている。仮想通貨がこのリストに加わるということは、仮想通貨での物納が可能となるロジックだ。スイスでは2016年から一部地域において金額制限付きでビットコインによる納税が可能となっている。日本でも、仮想通貨が国家戦略の事項となれば、戦略特区での利用を検討といった話がでるかもしれない。スイスのように人口数千人規模ではなく、数万人をターゲットとした戦略特区での実施となれば、世界1位の仮想通貨先進国となろう。我々のような仮想通貨交換業を手掛ける事業者が国に働きかける必要がありそうだ。

7、100億ドル規模のICOが米国で誕生する

話題のICOに関しては各国規制を強めつつある。米国でも投資家に対して、リスクが高い投資であるといった注意喚起を行っている。ただ、私は全面的に規制を行うといった状況ではないと理解している。ICO投資への関心は非常に高く、2018年もこの流れは続くと想定する。2017年10月時点での年間ICO調達ランキングを見ると、FILECOINが1位で約260億円集めている。今回ぶち上げた「100億ドル規模のICO」と比較するとかなり開きがある。実際10億ドル辺りまで下げると的中しそうな気もするが、10億ドルでは「びっくり」とはならないため、ここは100億ドルでいきたい。

8、 M&A資金など企業ファイナンスに利用される

こちらに関しては様々な法令をクリアする必要がありそうだが、私は「法定通貨で実施している金融サービスはいずれ仮想通貨でも実施できる」と考えている。既にICOという形で資金調達するスキームはできあがっている。今後は、仮想通貨で企業買収といった展開もありえよう。フィスコデジタルアセットグループ傘下のフィスコ仮想通貨取引所では、2017年8月に私募での試験発行といった位置付けだがビットコイン建ての社債を発行している。さすがに公募はまだ厳しいが、私募でのファイナンスは可能だろう。2018年は仮想通貨での金融ファイナンスが活発化すると想定する。ビットコインはともかく企業が発行したトークンで、M&Aが実施される時期は近いと考えている。

9、 数多くの小国でビットコイン利用が法定通貨の利用を上回る

2017年、ジンバブエのムガベ大統領による超長期の独裁政権がついに終焉を迎えた。同国では、政権不安をきっかけに自国通貨が不安定となった一方、ビットコインの存在価値が一気に上昇。金融危機の状態を受けて、ビットコインの信頼性が相対的に増し、決済利用が増加した。また、政治リスクを抱えるベネズエラでも、ついに2017年6月、銀行規制当局の監視の下でビットコイン取引所Monkeycoinの運営を公式に許可することを発表した。2017年1月にはマイニングを行ったという理由で逮捕される者も出ていたベネズエラだが、実情に沿う形へと規制が変化したこととなる。ビットコインなど仮想通貨の信頼性が、金融危機にある国に与える影響の一例といえる。一部では北朝鮮がマイニングを積極的に行っているという話もあることから、ビットコインの存在価値がその国の法定通貨を超えるケースが増える余地は十分あろう。

10、米国で時価総額1000億ドルの仮想通貨関連企業が誕生する

米国では、仮想通貨関連事業を手掛ける企業の時価総額が100億ドルを超えたことが話題となったが、先物誕生などを背景に仮想通貨市場の拡大を想定すると時価総額1000億ドルの企業が誕生してもおかしくないだろう。「2018年仮想通貨びっくり10大予想」の2にある通り、ビットコインの価格が10万ドルとなればビットコインを保有している企業の価値も必然的に高まる。アルトコインの価値上昇なども考慮すると、時価総額1000億ドルの企業誕生は決して夢物語では終わらないと想定する。


1-10までの項目をご説明したが、決して荒唐無稽な内容というわけではないことがお分かりいただけただろうか。なかには「?」という項目があるかと思うが、本家の株式版「びっくり10大予想」もなかなかの内容だ。2018年の12月末には今回の「2018年仮想通貨びっくり10大予想」の検証を行いたい。一つでも的中していたならば、2018年の仮想通貨市場は大きな進化を遂げたということとなろう。

2018年、日本のみならず世界の仮想通貨市場の発展と成長を祈念して。

フィスコデジタルアセットグループ代表 ビット田代(ビットコインアナリスト 田代昌之)



《MT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below