January 2, 2018 / 12:25 AM / 9 months ago

外国為替市場今日のポイント:ドル・円は主に112円台後半で推移か、年初で主要通貨の為替取引は動意薄


*09:15JST 外国為替市場今日のポイント:ドル・円は主に112円台後半で推移か、年初で主要通貨の為替取引は動意薄
昨年12月29日のドル・円相場は、東京市場では112円97銭から112円64銭まで下落。欧米市場では112円47銭まで下げた後に112円72銭まで反発し、112円68銭で取引を終えた。


本日1月2日のドル・円は、主に112円台後半で推移か。年明け直後で有力な売買材料は少ないことから、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続くとみられる。


ユーロ・ドルは1.20ドル台で推移し、底堅い動きを見せている。ユーロ・ドルは昨年11月上旬に一時1.1554ドルまで下落したが、その後反転し、12月29日には1.2026ドルまで買われている。市場関係者の間からは「米税制改革法案の成立後にユーロが1.20ドル台を回復したことは意外だった」との声が聞かれた。


ただし、昨年12月20日付けの独紙ビルトは、メルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の幹部の見解を引用し、「メルケル首相が社会民主党(SPD)との連立交渉に失敗し、解散・総選挙となっても出馬を見送る」との見方を示した。ドイツの政治不安は消え去っていないと見るべきか。また、イタリアでは3月4日に総選挙が行なわれることになったが、国内政治の流動化に対する警戒感が早くも広がっている。


ユーロ圏の金利先高観が台頭したことでユーロは堅調に推移しているが、ドイツ、イタリアにおける政治不安が高まった場合、リスク回避的なユーロ売り・米ドル買いが強まる可能性がある。この影響で米ドル・円相場はやや円安方向に振れる可能性があるが、ユーロ売り・円買いが急増するとの見方もあり、ドル・円相場はもみ合う状態が続く可能性は残されている。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below