January 3, 2018 / 12:06 AM / 18 days ago

為替市場今日のポイント:欧米長期金利の上昇が円買い抑制も


*09:04JST 為替市場今日のポイント:欧米長期金利の上昇が円買い抑制も
本日3日のドル・円は、主に112円台前半で推移か。欧米諸国の債券利回り上昇や米国株高を意識して、投機的な円買いは抑制される可能性がある。


2日の欧米債券市場では各国の長期債利回りが総じて上昇した。米10年債利回りは一時2.480%近辺まで、30年債利回りは2.825%近辺まで上昇した。米国債利回りの上昇は欧州諸国の債券利回り上昇の影響もあったようだ。一部の市場関係者は「米税制改革は個人消費やインフレ見通しに好ましい影響を与える」、「トランプ政権の支持率回復が期待できる」と指摘している。


しかしながら、今年秋に行われる米中間選挙では共和党苦戦の予想が少なくない。米CNNが昨年12月に行った世論調査では、米民主党は得票率予測で18ポイントも共和党をリードする結果となったそうだ。CNNが行った世論調査は税制改革法案が成立する前に実施されていることから、減税を実感する人が多くなれば、共和党の支持率は回復するかもしれない。

中間選挙について、一部の専門家は「今回の中間選挙では民主党を支持する有権者の投票率が共和党支持者のそれを大きく上回る可能性がある」と予想している。また、「減税の効果を株式市場は過大に評価している」との声が聞かれており、共和党(トランプ政権)の支持率が税制改革実現後も伸び悩んだ場合、米金融市場における不確実性は次第に高まるおそれがある。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below