January 4, 2018 / 8:18 AM / 18 days ago

米国株見通し:リスク選好の地合いが続きそう


*17:11JST 米国株見通し:リスク選好の地合いが続きそう
S&P500先物 2713.00(+2.00) (17:00現在)
ナスダック100先物 6597.25(+12.75) (17:00現在)

17:00時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小じっかりに推移している。また、NYダウは50ドル高程度で推移。欧州市場は全般買い先行で推移している。原油相場は上昇して推移しており、この流れを受けて買い先行の展開が見込まれる。3日の米株式市場は上昇。1月建設支出や12月ISM製造業景況指数が予想を上回り、終日堅調推移となった。主要指数は揃って最高値を更新し、NYダウは2日間で200ドルを超える上昇となった。

米株式市場は、過熱感が警戒されているが、昨年後半から利益確定の売りに押されていた、アドバンスト・マイクロ・デバイセズやエヌビディアなど半導体銘柄が軒並み買われており、理想的な上昇である。また、節税対策の売り通過する一方で、1月効果と呼ばれるアノマリーがあり、改めて物色意欲の強さがうかがえる。また、日本株市場では、大発会としては日経平均が3%を超える記録的な上昇となった流れも好材料視されるだろう。過熱感が警戒される中で市場は冷静であり、世界的な株高の流れが引き続き意識されやすいとみられる。

週末には米雇用統計に市場の関心が集まる格好になりそうだが、4日の米株式市場では前哨戦となる12月のADP全米雇用報告が予定されている。前月を下回る予想であるが、減少ながらもコンセンサスを上回ってくるようだと、支援材料になりそうである。また、北朝鮮情勢についても、少なからず平昌五輪が終えるまでは、ミサイル発射といった動きはなさそうであり、リスク選好の地合いが続きそうである。



《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below