January 4, 2018 / 10:09 PM / 18 days ago

NY株式:ダウ152ドル高、ダウが初めて25000ドルを突破


*07:00JST NY株式:ダウ152ドル高、ダウが初めて25000ドルを突破
4日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は152.45ドル高の25075.13、ナスダックは12.38ポイント高の7077.91で取引を終了した。アジア・欧州株が概ね全面高となるなど世界的に投資家のリスク選好姿勢が強まり、買いが先行。来週から始まる10-12月期決算を前に企業業績への期待も広がった。12月ADP雇用統計が予想を上振れたほか、原油相場やその他資源価格の上昇も好感され、終日堅調推移となった。セクター別では、自動車・自動車部品や商業・専門サービスが上昇する一方で不動産や公益事業が下落した。

世界的な景気拡大への期待から、シティ・グループ(C)、ゴールドマンサックス(GS)、モルガン・スタンレー(MS)などの金融関連株が上昇。カード決済ネットワークのマスターカード(MA)はみずほ証券による投資判断引き上げを受け堅調推移。薬剤給付管理会社のCVSヘルス(CVS)は18年度の業績見通しが好感され買われた。一方で、電気自動車のテスラ・モーターズ(TSLA)は、10-12月期の出荷台数が市場予想を下振れ、下落。写真共有アプリを手掛けるスナップ(SNAP)は一部アナリストによる投資判断引き下げを受けて軟調推移となった。

明日の雇用統計では、非農業雇用者数が19万人増、失業率は4.1%増が予想されている。平均時給の動向が利上げ見通しに影響を与えそうだ。





Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below