January 7, 2018 / 12:47 AM / 8 months ago

【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(3):◆リスク選好で始まる◆


*09:40JST 【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(3):◆リスク選好で始まる◆
〇待機勢動き、株高で始まる〇

海外時間外取引で、CME日経平均先物は23190円を付け、米株高に連動して始まりそうだ。週末に米雇用統計を控え、22000~23500円ゾーンでの高値攻防に向かうとの昨年末の見方の範囲内だが、待機勢が動くことで躍動感が戻って来そうだ。背景として、今年前半、少なくとも1-3月期の世界経済は順調との見方が支配的な点がある。

休み中の警戒要因だった地政学リスクでは、北朝鮮の対話路線転換、イランの反政府デモ、香港・台湾を巡る中国との軋轢などがあった。

対北朝鮮は、軍事的に核・ミサイル開発が完成しておらず(ミサイルは大気圏再突入技術、核はミサイル搭載可能な小型化)、早晩、北朝鮮は対話路線=時間稼ぎに出て来ると見られていたので、正月の金正恩演説に意外感はない。早速、韓国の文在寅政権が飛びつき、平昌五輪開催に漕ぎ着けたい流れ。軍事衝突リスクは春まで遠退いた公算。ただし、北朝鮮は開発姿勢を放棄しておらず、年末にも再々、ミサイル発射観測が流れていたので、実験に踏み切れば、事態が一変するリスクは続く。余談だが、現在の大型核爆弾搭載ミサイルの飛行可能距離は800km程度と推測されている。日本には届かない(したがって、在日米軍基地にはTHAAD配備の動きはない)が、北京には届く。金正恩が文在寅に「中国を取るか、北朝鮮を取るか」迫った時、韓国は米国のみならず、中国とも軋轢を増やす恐れがある。韓国経済が北朝鮮のドロ沼経済に引きずり込まれるリスクは注視する必要がある。

イランの騒動は原油相場を押し上げた。WTI原油相場は一時、61.67ドル/バレル、2年7ヵ月ぶり高値。米北東部を襲っている記録的大寒波によるヒーティングオイル、ガス価格の上昇も要因。イランの反政府デモは12月28日に始まり、3日時点で40都市に拡大。ホメイニ師が言うように外国勢力の画策なのかどうか分からないが、中東情勢の複雑さを高めている。原油価格押し上げにはドル安も効いていると見られる。昨年、ドルは主要6通貨に対し9.8%下落した。ドル円がボックス圏なので意外感があるが、年間下落率は2003年以来の大きさ。昨日は12月FOMC議事録要旨公開後に0.3%高と急伸したが、ドル安展開は当面の焦点となろう。

米年末商戦、独インフレ率、中国経済指標(財新PMI)など、経済指標は総じて順調で、待機勢を動かす要因になったと思われる。米ナスダック指数は7000ポイントの大台に乗せ、S&P500指数は初の2700ポイント台、NYダウは2万5000ドルに迫る動き。昨年のトランプ政権発足前の不透明感に比べれば、当面、楽観的見方が支配的と考えられる。

以上

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(17/1/4号)



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below