January 8, 2018 / 11:51 PM / 11 days ago

今日の為替市場ポイント:手掛かり材料不足で小動きとなる可能性も


*08:46JST 今日の為替市場ポイント:手掛かり材料不足で小動きとなる可能性も
8日のドル・円相場は、東京市場では113円03銭から113円39銭まで反発。欧米市場でドルは113円38銭から一時112円88銭まで反落し、113円09銭で取引を終えた。

本日9日のドル・円は、113円台前半で推移か。新規材料難で全体的に動意に乏しい展開が予想され、日経平均株価の動きを眺めつつ、主に113円台前半で取引されることが予想される。

海外市場でユーロ安・ドル高が進行したことから、対ユーロでのドル買いが対円にも波及。これを受けて、円安・ドル高地合いが継続している。ただ、ロシアによる米大統領選干渉疑惑をめぐりトランプ大統領が数週間以内に事情聴取される可能性があると報じられたことを受けて、市場では捜査の展開を注視する動きもみられることから、ドルの上値はやや重くなっている。

本日の東京市場では、主要経済統計発表もなく新規材料難に欠けることから、日経平均株価の動向が手掛かり材料になりそうだ。株価に大きな動きがない場合、ドル・円は113円前後の水準でのレンジ内取引にとどまることになりそうだ。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below