January 9, 2018 / 3:46 AM / 9 months ago

後場に注目すべき3つのポイント~目先達成感から中小型株に関心が向かいやすい


*12:41JST 後場に注目すべき3つのポイント~目先達成感から中小型株に関心が向かいやすい
9日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は続伸、目先達成感から中小型株に関心が向かいやすい
・ドル・円は弱含み、日本株の上げ幅縮小で
・値上がり寄与トップはファーストリテ9983、同2位は東エレク8035

■日経平均は続伸、出遅れ感のあるテーマ株を物色する動き

日経平均は続伸。129.17円高の23843.70円(出来高概算8億9000万株)で前場の取引を終えた。8日の米国市場は高安まちまちだったが、5日の米雇用統計後の上昇を評価した格好となった。シカゴ先物が大阪比225円高の23945円と大きく上昇していた流れを受けて、1992年の高値を突破して始まった。その後は目先的な達成感が意識されたほか、円相場の円高が嫌気されたほか、トランプ政権に対する政策運営リスクがくすぶったことから、上げ幅を縮めている。

セクターでは不動産、繊維、電気機器、証券、その他金融がしっかり。半面、パルプ紙、ゴム製品、輸送用機器、倉庫運輸、水産農林が利食いに押されている。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1000を超えており、全体の過半数を占めている。

日経平均は連日でバブル崩壊後の高値更新となったが、92年の高値を超えているほか、先物市場では24000円にタッチしたこともあり、いったんは達成感が意識されやすいところであろう。また、トランプ大統領のロシアゲート問題が再燃する格好となっており、利益確定の流れが強まったようである。円相場は1ドル112円60銭台と円高に振れて推移していることもあり、輸出関連などは利食いが出やすいところである。

そのため、物色の流れとしては日経平均が高値圏でのもち合いとなる中、新興市場の中小型株に関心が向かいやすいと考えられる。テーマ株が循環的に買われているが、こちらも上値追いというよりは、調整一巡感のある銘柄や出遅れ感のある銘柄等に向かいやすい。先行して上昇していた銘柄への利益確定を進めつつ、出遅れ銘柄を見直すことにより、市場全体の底上げといった流れが期待されそうだ。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は弱含み、日本株の上げ幅縮小で

9日午前の東京市場でドル・円は弱含み。北朝鮮と韓国の高官級協議が行われるなか、日本株が上げ幅を縮小し、朝方からの円売りが後退した。

連休明けの東京株式市場で日経平均株価は前週末比200円超高で推移していたが、朝鮮半島情勢に関する警戒から上げ幅を縮小。それに伴い円売りが後退し、ドルは113円を割り込んだ。

ランチタイムの日経平均先物は引き続きプラス圏で推移。目先も日本株にらみとなる見通しだが、112円半ば以下の水準では押し目買いが観測され、ドルがさらに大きく下げる展開は想定しにくい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円51銭から113円18銭、ユーロ・円は134円70銭から135円48銭、ユーロ・ドルは1.1958ドルから1.1974ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・SEMITEC6626やシルバーライフ9262がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファーストリテ9983、同2位は東エレク8035


■経済指標・要人発言

・ボスティック米アトランタ連銀総裁
「年間3、4回の利上げは必要ない可能性も」
「金融政策はより中立的なスタンスに近づいている」
「緩和の緩やかなペースでの解除継続望ましい」

・ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「物価水準目標を採用することは、景気後退予防の一助になり得る」

・英首相報道官
「メイ首相が8日に内閣改造を実施する」


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
特になし

<海外>
・15:45 スイス・12月失業率(予想:3.0%、11月:3.0%)
・16:00 独・11月鉱工業生産(前月比予想:+1.8%、10月:-1.4%)
・16:00 独・11月貿易収支(予想:+213億ユーロ、10月:+189億ユーロ)




《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below