January 9, 2018 / 7:01 AM / a year ago

日経平均は92年の高値を突破【クロージング】


*15:59JST 日経平均は92年の高値を突破【クロージング】
9日の日経平均は続伸。135.46円高の23849.99円(出来高概算16億6000万株)で取引を終えた。8日の米国市場は高安まちまちだったが、5日の米雇用統計後の上昇を評価した格好となった。シカゴ先物が大阪比225円高の23945円と大きく上昇していた流れを受けて、1992年の高値を突破して始まった。その後は目先的な達成感が意識されたほか、円相場の円高が嫌気されたほか、トランプ政権に対する政策運営リスクがくすぶったことから、上げ幅を縮めている。ただし、下値の堅さは意識されており、午後は23800円台でのこう着が続いた。

セクターは不動産、電気機器、証券、ガラス土石、機械が堅調。半面、鉱業、石油石炭、パルプ紙、水産農林、倉庫運輸、サービスが一服。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、東エレク8035、ファナック6954、住友不8830、ソニー6758がしっかり。半面、ユニファミマ8028、スズキ7269、リクルートHD6098がさえない。

日経平均は連日でバブル崩壊後の高値更新となったが、92年の高値を超えているほか、先物市場では24000円にタッチしたこともあり、いったんは達成感が意識されやすいところであろう。また、トランプ大統領のロシアゲート問題が再燃する格好となっており、利益確定の流れが強まったようである。ただ、グローベックスの米株先物は小動きに推移しており、見極めが必要であろう。また、為替市場では日本銀行がこの日の金融調節で長期国債買い入れ額を減らしたことを受けて、量的金融緩和縮小の思惑から円買いが優勢となったことも利益確定に向かわせていた。とはいえ、黒田総裁は昨年末には、引き続き粘り強く金融緩和政策を続けるとしており、ショートポジションは禁物であろう。

オプションSQを週末に控えていることもあり日経平均は高値もち合いが意識されるが、物色意欲は依然として強く、出遅れセクターや中小型株に資金が向かいやすいとみておきたい。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below