January 9, 2018 / 8:31 AM / 5 months ago

欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い展開か、クロス円で円売りの調整


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い展開か、クロス円で円売りの調整
今日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。アジア市場での日銀オペなどをきっかけとした円買いが意識される見通し。また、年末以降のクロス円の円売りを巻き戻す動きが広がる可能性もあろう。

本日のアジア市場では、日銀が超長期債対象の買い入れオペの予定額を減らしたことに関連し、円金利の上昇を受け円買いが強まった。また、連休明けの東京株式市場で日経平均株価の上げ幅縮小や輸出企業によるドル売りが加わったことで、ドル・円は113円台から一時112円半ばまで弱含んだ。

ある短期筋は「動意は薄いとみられていたので、やや大きな下げに唐突感がある」と指摘した。その後は押し目買いによりドルの下げは一服したが、海外市場でもこれまで続いた円売りを巻き戻す動きが意識され、ユーロ・円やポンド・円などクロス円でポジション調整の円買いに振れる展開もありうる。

今晩は、ユーロ圏11月失業率や米11月JOLT求人件数などが材料視される。前日の11月小売売上高と12月景況感指数はいずれも堅調となったが、ユーロは売りが先行。今晩の失業率で雇用情勢の改善が示されなければユーロ売り再開の口実になりそうだ。

一方、5日の米12月雇用統計は悲観的になる内容ではなかったものの、今晩のJOLT
求人件数が低調だった場合、目先の金融引き締めを期待したドル買いは弱まろう。また、2016年の米大統領選にロシアが干渉したとされる疑惑に関連し、モラー特別検察官がトランプ大統領本人に事情を聴取する可能性が報じられたことも、ドル売り要因として注目されやすい。

【今日の欧米市場の予定】
・19:00 ユーロ圏・11月失業率(予想:8.7%、10月:8.8%)
・24:00 米・11月JOLT求人件数(予想:602.5万件、10月:599.6万件)
・24:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁質疑応答
・03:00 米財務省3年債入札(240億ドル)



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below