January 10, 2018 / 6:58 AM / a year ago

出遅れている銘柄やセクターには水準訂正を狙った物色も【クロージング】


*15:53JST 出遅れている銘柄やセクターには水準訂正を狙った物色も【クロージング】
10日の日経平均は4営業日ぶりに反落。61.79円安の23788.20円(出来高概算15億9000万株)で取引を終えた。9日の米国市場ではNYダウ、ナスダック、S&P500指数は揃って最高値を更新したものの、半導体関連が利益確定の売りに押されていた。この流れから、東エレク8035、TDK6762などが売り優勢の展開となり、日経平均は小反落で始まった。その後プラス圏を回復する局面もみられたが、指数インパクトの大きい値がさの一角に断続的な売りが続き、日経平均は23800円を挟んだ攻防となった。

セクターでは原油相場の上昇を背景に、石油石炭、鉱業が堅調。パルプ紙、輸送用機器、不動産、海運、銀行、保険、その他製品、その他金融がしっかり。一方で、食料品、精密機器、化学、建設、空運、金属製品、情報通信はさえない。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、東エレク8035、アサヒ2502、信越化4063、資生堂4911、TDK6762、ソフトバンクG9984が日経平均の重しとなった。

日経平均は過熱を冷ます格好での一服といったところであろう。ただし、それでもボリンジャーバンドの+2σを上回っており、23500円辺りまでの調整は意識しておいても良さそうである。とはいえ先高観が強い中での過熱を冷ます一服のため、押し目買い意欲は強いだろう。また、先行して上昇していた銘柄等には利食いが出やすいものの、相対的に出遅れている銘柄やセクターには水準訂正を狙った物色もありそうだ。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below