January 10, 2018 / 10:13 AM / 5 months ago

マイクロソフト、ビットコインの受け入れ停止【フィスコ・ビットコインニュース】


*19:09JST マイクロソフト、ビットコインの受け入れ停止【フィスコ・ビットコインニュース】
大手テック企業マイクロソフトが、ビットコインの受け入れを停止している。同社は、既に関連する全顧客に向けてメールで説明を行っている。また、マイクロソフトのサイト上で「ビットコインによる購入」と書かれたリンクは取り除かれている。

マイクロソフトのサポートスタッフは同社がこの決断に至った理由を明かしていないが、ネット上に散見される議論から推測されることは、おそらく規制当局による要求ではなく、運用上の理由による判断であることが推察されている。

本来ビットコインの決済は10分程で完了するよう設計されているが、現在この決済にかかる時間の遅延が多発している。また、ビットコインの価格変動が激しいことや、本来は安価であるはずの送金手数料が技術的な課題のために高額になっていることなどがビットコイン決済の障壁となっている。

こうした問題が早急に解決されることが望まれるが、ビットコイン決済に対して距離を置く決断をした企業はマイクロソフトだけでなく、オンラインゲームプラットフォームの「Steam」なども挙げられる。

上のような送金遅延や手数料などの問題の解決策として挙げられるのが、昨年導入されたセグウィットや、今年上半期には導入が見込まれているライトニング・ネットワークという技術だ。

こうした技術導入が上記の問題の解決を促すことになるのか、またマイクロソフトなどの大企業が再びビットコイン決済を採用することになるのかが注目される。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below