January 11, 2018 / 3:15 AM / 8 months ago

25日線水準の180万円処で下げ止まる展開に【フィスコ・ビットコインニュース】


*12:04JST 25日線水準の180万円処で下げ止まる展開に【フィスコ・ビットコインニュース】
1月11日12時時点のビットコイン(BTC)は、1,820,000円台での推移となっている。午前中は、ボリンジャーバンドの+2σの位置する1,850,000円処が上値抵抗線として意識される展開となり、同水準ではいったん利食い売りの動きがみられた。25日線の位置する1,800,000円処での下げ止まりをみせたものの、狭いレンジ内でのボックス推移が続く。また、5日線との短期デッドクロスが意識されるなか、SAR値(1,830,000円処)にタッチしたパラボリックの陽転シグナルはダマシとなっている。そのなかで、午後は1,800,000円処はキープしておきたいところだろう。なお、本日ここまでの高値は3:30に付けた1,870,495円、安値は7:30に付けた1,798,220円となっている。

時価総額上位10位の仮想通貨では、ビットコインキャッシュ(BCH)が前日比15%高となっているほか、イーサリアム(ETH)やIOTA(MIOTA)が小じっかりとした推移をみせている。BCHは、新たに「ビットコインキャンディ」への分裂が13日に予定されていることが伝わったことで、昨日から事前の権利取りの思惑物色が入っているもよう。

国内の主要取引所(bitFlyer等)におけるビットコイン価格は、米ドルベースで14,544.00ドル台での動きに。一方で、米国(Bitfinex、Kraken等)の取引所では、14,500.00ドルと国内比でやや切り下げたレンジでの推移となっており、昨晩から米国主導の相場展開が続いていることから、後場はレンジを切り下げてくる可能性に注意しておきたい。

※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドル及びアルトコイン上昇率はCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below