January 11, 2018 / 6:50 AM / a year ago

好業績の中小型株辺りにシフトするか【クロージング】


*15:46JST 好業績の中小型株辺りにシフトするか【クロージング】
11日の日経平均は続落。77.77円安の23710.43円(出来高概算15億8000万株)で取引を終えた。10日の米国株安のほか、為替市場でドル円が1ドル111円台で推移する中、シカゴ先物清算値(23615円)にサヤ寄せする格好から利食い先行で始まった。ただし、昨夕の段階で金利上昇を警戒して225先物はナイト・セッションで売られていたこともあり、織り込み済みの流れから、下げ渋る展開となった。後場も弱含みの場面もみられたが、前場の価格レンジ内でのこう着といった格好となり、5日線レベルでの狭いレンジ取引が続いた。

東証1部の騰落銘柄は値上がり、値下がり数は拮抗。セクターでは食料品、医薬品、水産農林、金属製品、精密機器、輸送用機器、化学が冴えない。一方で鉱業、パルプ紙、海運、サービス、石油石炭、卸売がしっかり。指数インパクトの大きいところではソフトバンクG9984、京セラ6971、日東電6988、ホンダ7267、アドバンテスト6857が重し。

日経平均は5日線ところでの攻防となっており、僅かであるが陽線を形成している。ボリンジャーバンドでは+2σを下回ってきたため、過熱感は和らいだ格好である。ただ、今後本格化する決算発表を前に、次第に業績相場へ移行する可能性があるため、現状のリバランス的な物色にも変化がみられてくる可能性はありそうだ。日経平均がこう着の中、好業績の中小型株辺りに個人主体の資金が向かいやすくなりそうだ。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below