January 12, 2018 / 7:16 AM / 6 days ago

米マネーグラム、リップルとの提携を発表【フィスコ・ビットコインニュース】


*16:09JST 米マネーグラム、リップルとの提携を発表【フィスコ・ビットコインニュース】
国際送金事業などを手掛ける米決済サービス大手マネーグラムは1月11日、サンフランシスコのスタートアップ企業リップル社によって作成されたリップル(XRP)を決済ネットワークで利用する実証実験を行うことに合意した。同社の広報担当者によると、実証実験は内部プロセスに限定されており、顧客の金銭には影響しないという。発表によって同社の株価は一時約15%高となった。

国際送金サービスの費用は国によって様々だが、世界銀行のデータによると、マネーグラム経由で米国の銀行からブラジルの銀行に200米ドルを送金する場合、約9%(18米ドル)の手数料がかかるという。リップル社は銀行などの金融機関向けに迅速かつ安価な送金・決済ネットワークの構築し、こうした費用をなくすことを目的としてXRPを開発してきた。現在ではUBSグループやスペインのサンタンデール銀行をはじめとする約100の銀行に加え、今回提携したマネーグラムのような送金会社も顧客として抱えている。

同社の最高経営責任者(CEO)のブラッド・ガーリングハウス氏は「今年中には世界で5本指に入る送金会社のうち3社がXRPの使用を開始するだろう」と述べており、今後も送金会社などとの提携を進めていく姿勢が窺える。

昨年末から年始にかけてリップルは大幅な上昇を見せていた。しかし、取引の半数近くを占める韓国市場では、仮想通貨取引の規制強化の動きが出たことや、米大手取引所コインベースへの上場の噂が否定されたことなどが嫌気され、一旦調整に入っている。今後の仮想通貨ビジネス関連の提携の動きを引き続き注視していきたいところだ。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below