January 16, 2018 / 8:33 AM / 8 months ago

欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、欧州通貨は上昇一服もドル買いは慎重


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、欧州通貨は上昇一服もドル買いは慎重
今日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想したい。ユーロをはじめ欧州通貨は調整の売りが見込まれ、足元の急激な上昇は一服する見通し。ただ、材料難からドルに新規の買いは入りにくいだろう。

欧州中央銀行(ECB)が量的緩和政策を段階的に縮小するとの見方やドイツの大連立政権樹立に向けた協議の進展を背景に、前週末からユーロ買いが強まっている。ユーロ・ドルは前日の取引で約3年ぶりの高値となる1.2297ドルまで強含み、地合いの強さを示した。本日のアジア市場でも1.22ドル台半ばから後半で推移しており、今晩の取引で節目の1.23ドルを上抜けられれば、なお上値余地が生まれそうだ。

ただ、ECB理事会の議事要旨(昨年12月14日開催分)の公表前日の10日から15日にかけてユーロ・ドルは終値ベースで2.7%程度上昇しており、市場では過熱感が指摘されている。前日は1.23ドル手前の売り圧力に上昇を阻止されたことから、同水準では調整の売り圧力が見込まれる。同様に、ポンド・ドルも足元で2%超強含んでおり、18時半発表の英国のインフレ指標次第では調整売りに転じる可能性があろう。

今晩の海外市場で欧州通貨の上昇が一服した場合、ドル・円は下押し圧力が弱まり、111円台を回復する可能性がある。22時半発表の米国の1月NY連銀製造業景気指数も前月から改善が予想され、ドル買いのきっかけになりやすい。ただ、足元でドル買い材料は出尽くし感があり、新規の買いは入りづらいとみられ、ドル・円は111円前半で上昇を抑えられそうである。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・18:30 英・12月消費者物価指数(前年比予想:+3.0%、11月:+3.1%)
・18:30 英・12月生産者物価指数・産出(前年比予想:+2.9%、11月:+3.0%)
・22:30 米・1月NY連銀製造業景気指数(予想:19.0、12月:18.0)


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below