January 16, 2018 / 8:28 AM / a month ago

シンガポール金融管理局長官、仮想通貨技術の持続を望む【フィスコ・ビットコインニュース】


*17:24JST シンガポール金融管理局長官、仮想通貨技術の持続を望む【フィスコ・ビットコインニュース】
シンガポール金融管理局(MAS)のラヴィ・メノン長官は15日、「ブロックチェーンのような仮想通貨の基盤技術が仮想通貨バブルの崩壊によって損なわれないことを望む」と述べたと一部メディアが報じている。

また、中央銀行でもある金融管理局が独自の仮想通貨を発行するのかという問いに対しては、「可能性は否定しないが、いい考えかは分からない」と述べている。独自の仮想通貨の発行を計画している国として、経済危機に瀕しているベネズエラがある。同国は自国通貨であるボリバルの安定や米国による経済制裁を回避する方法として、原油に裏付けされた仮想通貨「ペトロ」の発行を計画しているという。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below